• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区ニュース > 広げよう!健康の輪~やまべェ体操専門職向け普及員養成講座

ここから本文です。

更新日:2019年1月29日

広げよう!健康の輪~やまべェ体操専門職向け普及員養成講座

体操の様子

 1月29日(火曜日)午後1時30分から西保健センター(西区琴似2条7丁目)で「平成30年度エコロコ!やまベェ誰でも体操普及員養成講座」が行われ、22人が受講しました。

 この体操は、介護や体操の専門家、西区役所の職員らが平成24年に制作した札幌市初の介護予防体操。「エコロコ」とは、西区が環境推進区であることにちなんだ「エコ」と、加齢や生活習慣が原因で足腰の機能が衰える「ロコモティブシンドローム」の「ロコ」を掛け合わせたもので、西区の環境キャラクター「さんかくやまべェ」を体操の名称に採用しました。

 今回の講座は、「やまベェ体操」を地域で広める普及員を増やそうと、高齢者向けの施設などで働く専門職員を対象に西区役所が行ったものです。

 講座の前半は介護予防の意義などを学び、後半には実際に体操をしながら動きのポイントを教わりました。

 講師を務めたのは、体操の考案に携わった札幌市西健康づくりセンターの健康運動指導士である田頭正一(たがしら・まさかず)さん。「スクワットは足を大きく広げると動作が楽になります」「個人の体力に合わせてアレンジしてもいいんですよ」といったアドバイスを聞きながら、受講者は真剣な表情で体を動かしていました。

 講座を終えた受講者には修了証が授与され、普及員の一員に。介護施設で働く女性は「西区内のイベントでやまべェ体操を見かけて、自分の勤める施設でもやってみたいと今回の講座に参加しました。簡単な動作で介護予防になるので、施設に帰ったらみんなと早速取り組んでみたいです」と、意気込んでいました。

体操の様子

介護予防について学ぶ受講者

集合写真