• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区ニュース > みんなで楽しく学ぼう~見る!知る!体験!冬の防災DAY

ここから本文です。

更新日:2019年1月19日

みんなで楽しく学ぼう~見る!知る!体験!冬の防災DAY

毛布で作った担架での救出体験の様子

 1月19日(土曜日)午後2時から、農試公園(西区八軒5条西6丁目)で防災について学ぶイベント「見る!知る!体験!冬の防災DAY」が開催されました。

 これは、来場者に楽しく冬の防災について学んでもらおうと、八軒まちづくりセンターや八軒地区の防災ボランティアの協力により、公益財団法人札幌市公園緑化協会が主催したものです。園内にはけが人の救出体験などの防災に関する体験コーナーや防災グッズの展示や販売、避難食の試食コーナーなどが設けられ、多くの人でにぎわいました。

 野外広場で行われたのは、冬にかまくらがどれだけ寒さ対策として有効かを体験する「かまくらで防寒キャンプ」。かまくらに入った子供たちは「段ボールを足元に敷くと暖かいよ」と身近にあるもので行える防寒対策に驚いた様子でした。

 屋内アリーナで行われたのは、人形を使ったけが人の救出体験や火の形の的を狙う消火器体験など。毛布を使って簡易担架を作るコーナーでは「家にあるもので、しっかりした担架が作れるんだね」「家に帰ったら同じものを作れるか試してみよう」とコーナーに集まった参加者は関心した様子で取り組んでいました。

 また、西区環境キャラクター「さんかくやまべェ」も会場に駆けつけ、西区役所の職員や体操の普及員らと一緒に、避難所生活での運動不足の解消に役立つ「エコロコ!やまべェ誰でも体操」を披露。参加者と一緒に体を動かしイベントを盛り上げていました。

消火器体験の様子

かまくらで防寒キャンプを体験する子ども

やまべェ体操の様子