• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区ニュース > とっさの判断力で命を救う!~消防協力者への感謝状の贈呈

ここから本文です。

更新日:2018年12月25日

とっさの判断力で命を救う!~消防協力者への感謝状の贈呈

感謝状を受け取る小川さん

 12月25日(火曜日)午後2時、西消防署(西区発寒10条4丁目、村井広樹(むらい・ひろき)署長)が、心肺蘇生法を用いた救命活動を行ったとして、看護師の小川絵里子(おがわ・えりこ)さんに感謝状を贈りました。

 同署によると、8月31日(金曜日)午後5時40分ころ、西区西野の商店内で女性が急に倒れ、始めは単なる転倒かと思われましたが、小川さんが異変を察知。看護師としての経験から心肺停止状態であることを見抜き、直ちに心臓マッサージ(心肺蘇生法)を開始しました。その後、女性が救急車で搬送されるまで心臓マッサージを続け、救急隊員をサポート。息を吹き返した女性は病院へ搬送され、その後順調に回復し、現在は元の生活に戻ることができたといいます。

 村井署長から感謝状と記念品を受け取った小川さんは、「看護師としての経験が役立ちました。女性の命が無事だったことがなにより」と安堵の表情を浮かべていました。

村井署長(写真右)との記念撮影