• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区ニュース > 年末年始は火災に気を付けて~西消防署で消防部隊特別点検を実施

ここから本文です。

更新日:2018年12月19日

年末年始は火災に気を付けて~西消防署で消防部隊特別点検を実施

訓示の様子

 12月19日(水曜日)午後1時から、西消防署(西区発寒10条4丁目、村井広樹(むらい・ひろき)署長)で消防部隊特別点検を実施しました。

これは平成30年12月20日(木曜日)から平成31年1月3日(木曜日)まで全市一斉で行われる「年末年始消防特別警戒」に先駆けて、職員の士気高揚を図ることを目的に行われたものです。

 同署の救助隊や救急隊などを前に、村井西消防署長から「北海道胆振東部地震も踏まえ、年末年始の特別強化期間として、人員や機械、器具を整えて大小様々な災害対応に当たり、区民の安全・安心を守ること」との訓示がありました。

 年末から年始にかけては市民生活が慌ただしくなり、暖房器具の本格的使用と重なり、「ついうっかり」や「不注意」による火災が多く発生することが心配されます。

 次のことをしっかり守って火災のない年末年始にしましょう。

 ○ ガスこんろを使用しているときは、そばから離れない。離れる時は一旦火を消しましょう。

 ○ ストーブの周りに燃えやすいものを置かない、洗濯物などを干さないようにしましょう。

 ○ 放火されないように、物置や車庫などには鍵を掛け、家の周りに燃えやすいものを置かないようにしましょう。

特別点検の様子

訓示の様子

特別点検の様子