• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区ニュース > みんなでクリスマスを楽しもう!~西区おもちゃ図書館「クリスマス親子の集い」

ここから本文です。

更新日:2018年12月18日

みんなでクリスマスを楽しもう!~西区おもちゃ図書館「クリスマス親子の集い」

サンタクロースからプレゼントを受け取る子ども

 12月18日(火曜日)午前11時から、札幌市身体障害者福祉センター(西区二十四軒2条6丁目)で、西区おもちゃ図書館「クリスマス親子の集い」が開催され、親子約100人が参加しました。

 これは、同センターでボランティア活動をしている、西区おもちゃ図書館たんぽぽの会(三好昌子(みよし・まさこ)代表)が主催したものです。おもちゃ図書館とは、障がいのある子どもたちにおもちゃで遊ぶ楽しさを知ってもらおうと始まったボランティア活動で、今では、障がいの有無に関わらず、みんなで楽しく遊ぶ交流の場となっています。

 この日は、西区おもちゃ図書館たんぽぽの会代表の三好さんが「みんなが良い子にしているとサンタさんが来てくれます。仲良く楽しく遊びましょう」とあいさつし、クリスマス会がスタート。

 最初にスタッフによるサンタクロースの人形を使った人形劇が披露され、参加者は曲に合わせて一緒に歌ったり手拍子をしたりしながら劇を楽しんでいました。

 続いて、サンタクロースとトナカイが登場。サンタクロースからプレゼントのおもちゃをもらった子どもたちは「ありがとうございます」とお礼を言い、うれしそうに眺めていました。

 参加した女性は「おもちゃで遊んだり人形劇を見たり、娘もとっても楽しそう。来年もぜひ参加したいです」と笑顔で話していました。

手作りの人形を使った人形劇の様子

サンタクロースと一緒に記念写真