• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区ニュース > 楽しく学ぼう!自然環境の大切さ~西区こども環境広場

ここから本文です。

更新日:2018年12月2日

楽しく学ぼう!自然環境の大切さ~西区こども環境広場

子ども環境活動発表会

 12月2日(日曜日)午前10時から、札幌市生涯学習総合センターちえりあ(西区宮の沢1条1丁目)で、「西区こども環境広場」が開催され、多くの親子連れでにぎわいました。

 これは、ちえりあ内でステージ発表やゲームコーナー、科学実験などの催しを行い、子どもたちに楽しみながら環境について学んでもらうイベント。町内会や学校、西区役所などで構成する「西区環境まちづくり協議会(佐藤功悦(さとう・こうえつ)会長)」が平成22年から開催しています。

 ステージでは、西区の小学生が環境に優しい活動を発表する「子ども環境活動発表会」が行われ、西野第二小学校(西区西野8条7丁目、村上裕子(むらかみ・ゆうこ)校長)の3年生が登壇。2班に分かれて同校の近くを流れる中の川と西野川を調査し、それぞれが捕まえた生き物などを発表しました。データや感想を手に複数の生徒が入れ替わり、チーム対抗の掛け合い形式で展開するテンポの良い進行に、保護者だけでなく通行人も感心した様子。終了後は会場全体から温かい拍手が送られました。

 他にも、ゴミの分別に関する講話、琴似発寒川を水中カメラで撮影した映像も紹介され、参加者は興味津々な様子。「一緒に記念撮影をしよう!」と、西区環境キャラクターさんかくやまベェが現れると、周りには人だかりができていました。

 ステージの外では、西区食生活改善推進員が考案した西区山の手産のりんごをワンタンの皮で巻いたスイーツ「巻き巻きりんご」が振る舞われたほか、環境について学べる「さんかくやまべェかるた大会」、使わなくなった服やおもちゃの交換会なども行われ、どの会場も目を輝かせた子どもたちで大盛況でした。

かるた大会

おもちゃ交換会

科学実験コーナー