• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区ニュース > 朝から野菜をしっかり取ろう~坂下美樹先生に習うはじめての料理教室

ここから本文です。

更新日:2018年11月29日

朝から野菜をしっかり取ろう~坂下美樹先生に習うはじめての料理教室

調理実習の様子

 11月29日(木曜日)午後6時30分から、西区民センター(西区琴似2条7丁目)で、料理研究家の坂下美樹(さかした・みき)先生に習うはじめての料理教室が行われ、高校生から30歳代までの男女19人が参加しました。

 これは、朝食の摂取状況や野菜の摂取量が低下している若年層に対して、健康的な食習慣を身に付けてもらおうと、西保健センターが主催したものです。今回の献立は主食・主菜・副菜をそろえたバランスの良い食事として、簡単酢豚、切り干し大根と豆のサラダ、白菜とベーコンのみそ汁などの5品。

 始めに、坂下さんがレシピに沿った調理のポイントを解説。「タマネギは放射状に切ると均等に熱が入り経済的」「白菜は短冊切りにすると、しゃきしゃきした歯応えで少量でも満腹感が得られる」などの説明があり、参加者は熱心にメモを取りながら耳を傾けていました。

 続いて、グループに分かれて調理を開始。食材を慣れない手つきで切っている若者には、坂下さんが優しく直接指導。参加者は和気あいあいと調理を進め、1時間ほどですべてのメニューを完成させました。

 試食の合間には、朝食から野菜を食べる重要性についての講話があり、参加者からは「包丁を握ったのは中学校の家庭科以来。こんなに手軽に野菜が取れるなら明日から料理してみようかな」「朝は忙しくてパンだけ。チーズやサラダも食べて栄養バランスに気を付けなきゃ」といった感想が語られ、和やかに食事を楽しんでいました。

調理実習の様子

講師の話を聞く様子

完成した料理