• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区ニュース > 地域の福祉に貢献~札幌地方中古自動車販売事業協同組合が車いすを寄付

ここから本文です。

更新日:2018年11月16日

地域の福祉に貢献~札幌地方中古自動車販売事業協同組合が車いすを寄付

記念写真(左が粟崎西区長、中央が桑原副理事長)

 11月16日(金曜日)午前9時45分、札幌地方中古自動車販売事業協同組合の事務所(東区東雁来、問谷功三(といや・こうぞう)代表理事)で、2台の車いすを寄付した同組合に西区役所(西区琴似2条7丁目、粟崎寿也(あわさき・としや)西区長)から感謝状が贈られました。

 これは同組合が地域の役に立てればとの思いから、自動車のチャリティオークション収益金の一部で購入した車いすを毎年、札幌市役所に寄付しており、今回は西区役所に手渡されたものです。同組合は、中古車販売のかたわら社会貢献にも熱心に取り組んでおり、地域防災や地域安全活動を行っている札幌市地域安全サポーターズに登録しています。

 粟崎西区長から「高齢化が進み介護の必要性が高まる中、介護や福祉の事業に大きく寄与していただき、ありがとうございます」と感謝の言葉と共に感謝状が贈られ、同社の桑原望(くわばら・まどか)副理事長は「これからも地域の役に立てることがあれば行っていきたい」と話しました。

 寄付された車いすは西区役所2階の保健福祉課で、補助が必要な来庁者に使用してもらう予定となっています。

感謝状の贈呈(左が桑原副理事長、右が粟崎西区長)