• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区ニュース > 勝利に向けて全力アタック!~平成30年度西区ママさんバレーボール区長杯大会

ここから本文です。

更新日:2018年9月29日

勝利に向けて全力アタック!~平成30年度西区ママさんバレーボール区長杯大会

試合の様子

 9月29日(土曜日)午前9時20分から、西区体育館(西区発寒5条8丁目)で平成30年度西区ママさんバレーボール区長杯大会が開催されました。

 これは、区民にスポーツを通して親睦を深め、健康な生活を送ってもらおうと、西区ママさんバレーボール親睦会(島部元子(しまべ・もとこ)会長)と西区役所が主催したものです。参加した6チーム約60人がトーナメント形式で優勝を争いました。

 開会式では、選手を代表して発寒西チームのキャプテン清水道子(しみず・みちこ)さんが、先に発生した北海道胆振東部地震での各地の被害に触れ、「無事にバレーボール大会を開催させていただける感謝を忘れず、精一杯闘います」と、健闘を誓いました。

 闘志あふれる選手らがそれぞれのポジションに就き、会場に鳴り響いた笛の音で試合がスタート。力いっぱい打ち込まれるアタック、跳んだり転んだりしながら必死のレシーブ、コートでは白熱した試合が展開されました。はじけるようなスパイクの音や声援が飛び交い、どの選手も額に大粒の汗を光らせていました。

 試合の合間には、「いいサーブだったわよ」「次も取りにいくよ!」と励まし合う姿が見られ、会場には爽やかな笑顔があふれていました。

参加した女性は「大切なのはチームワーク。みんなで一生懸命になるってそれだけで楽しいものよ」と話していました。

 試合結果は、山の手フレッシュチームが優勝、準優勝が発寒西チームとなりました。

選手宣誓

試合の様子

会場の様子