• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区ニュース > 店舗団結して火災予防!~イトーヨーカドー琴似店で火災予防クリーンキャンペーン

ここから本文です。

更新日:2018年9月20日

店舗団結して火災予防!~イトーヨーカドー琴似店で火災予防クリーンキャンペーン

研修会の様子

9月20日(木曜日)午後4時から、イトーヨーカドー琴似店(西区琴似2条1丁目)で、西消防署(村井広樹(むらい・ひろき)署長)による防火研修会が行われました。

これは、平成26年にすすきので発生したビル火災をきっかけに始まった火災予防クリーンキャンペーンの一環で、建物オーナーとテナント経営者とが協力して商店の火災予防に取り組むものです。

イトーヨーカドー琴似店はJR琴似駅に近く、駅周辺の商業ビル等との接続によって買い物客だけでなく待ち合わせや休憩など多くの人々に利用されています。「当店は地域の憩いの場としての役割も担っていますので、万が一にも火災や不審火で利用者の皆さまにご迷惑を掛けるわけにはいきません」と話すのは、同店店長の川村俊光(かわむら・としみつ)さん。定例的に行われるテナント店長会議と合わせて今回の研修会開催を企画しました。

この日の研修会では、西消防署の職員が火災の被害を未然に防ぐためのポイントを説明。避難経路や消防用設備などの周囲を片付けたり、不審火を予防するために店舗周辺にも気を配ったりといった話に、参加者は真剣な表情で聞き入っていました。

要点をイラストで分かりやすくまとめたポスターは、同店の職員通用口等に掲示。詳しい解説と共に従業員へ火災予防をアピールしていました

職員通行口の掲示

説明する西消消防署職員