• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区ニュース > 野菜をいっぱい食べて健康になろう!~野菜料理教室

ここから本文です。

更新日:2018年8月31日

野菜をいっぱい食べて健康になろう!~野菜料理教室

調理の様子

 8月31日(金曜日)午前10時から、西区民センター(西区琴似2条7丁目)で、野菜料理教室が行われました。これは、野菜摂取強化月間である8月にちなみ野菜摂取不足を解消できるメニューを知ってもらおうと西保健センターが主催したものです。

 この日は25人が参加し、サラダ生春巻きのほか、カボチャのカレースープ煮、夏野菜のだし、雑穀ご飯、ミニトマトのゼリーの5品を調理しました。

 始めに、講師の同センター管理栄養士が「1日に取ってほしい野菜の量は350グラム以上になりますが、札幌市民の平均摂取量は288グラムと約60グラム足りていません。今日は野菜を使った手軽にできる料理を作るので、ご自宅でもぜひ挑戦して野菜不足を解消してください」と話し、調理の手本を見せました。

 調理がスタートすると参加者は「この野菜がなくても代用できるものは?」「この料理に他に合う野菜は?」などと、積極的に質問しながら、手軽にたくさんの野菜を取る方法を学びました。

 料理が完成すると、試食の時間。料理の出来栄えに満足そうな表情を浮かべながら、おいしそうに食べていました。

 参加した女性は「1日に取るべき野菜の量なんて今まで考えていなかった。家にある材料で作れるので早速帰って調理してみます」と笑顔で話していました。

管理栄養士の話を聞く参加者

試食の様子

完成した料理