• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区ニュース > 日頃から災害に備えよう!~平成30年度西区防災訓練

ここから本文です。

更新日:2018年8月30日

日頃から災害に備えよう!~平成30年度西区防災訓練

救出救護訓練の様子

 8月30日(木曜日)午前9時30分から、八軒小学校(西区八軒4条西1丁目・松村隆志(まつむら・たかし)校長)で「平成30年度西区防災訓練」が行われ、八軒連合町内会、八軒中央連合町内会の地域住民をはじめ、西消防署、防災関係団体の職員ら約700人が参加しました。

 これは、地震などの大規模災害が発生した場合の被害を最小限に抑えるため、区民に訓練を通して、自分の努力によって身を守る「自助」、地域で協力して防災活動に取り組む「共助」の意識を身に付けてもらおうと西区役所が主催したものです。

 この日は、石狩中部を震源とする震度6強の地震が発生し、家屋の倒壊やライフラインの寸断などの被害が生じたという想定の下で訓練を実施。発災対応型防災訓練である消火訓練や応急手当、倒壊建物からの救出救護訓練や避難所開設訓練、HUG(避難所運営ゲーム)などを地域住民と防災関係団体が連携して行いました。

 参加者は、お互いに声を掛け合ったり消防隊員に質問を投げ掛けたりするなど、積極的に訓練に臨んでいました。

 参加した男性は「いざというときに実践するために訓練はとても大事、地域のみんなにも教わったことを伝えたい」と真剣な表情で話していました。

応急手当訓練の様子

応急手当訓練の様子

備蓄品を確認している様子