• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区ニュース > 地下鉄で奏でる軽快な音楽~「コトニジャズVol.44」

ここから本文です。

更新日:2018年8月30日

地下鉄で奏でる軽快な音楽~「コトニジャズVol.44」

会場の様子

 8月30日(木曜日)午後6時から、地下鉄琴似駅(西区琴似1条4丁目)のコンコースで「コトニジャズVol.44」が開催されました。

 「コトニジャズ」は、札幌で活躍するプロのミュージシャンの演奏を楽しむことができる無料のジャズライブで、市民に気軽に芸術に触れてもらおうと、西区役所が企画したものです。2010年に始まり、今回が44回目となります。

 この日出演したのは、ボーカル・ギターのDelaina(デレイナ)さん、ピアニストの高島諭(たかしま・さとし)さん、ベーシストの金野俊秀(かねの・としひで)さん。Delainaさんは、タレントやナレーターとしても活躍しています。

 「今日は皆さんに会えてうれしい。最後まで楽しんで聴いてください」と、あいさつしライブがスタート。オリジナル曲の「Trouble(トラブル)」やジャズのスタンダートナンバー「Misty(ミスティー)」など、アンコールを含め10曲を披露しました。最後の演奏にはシークレットゲストとしてタップダンサーの小杉龍画(こすぎ・りゅうが)さんが登場。ジャズライブに躍動感が加わり、会場を訪れた約100人の観客はさらに盛り上がりを見せました。

 演奏を聴きにきた女性は「地下鉄でライブ演奏をやっていて驚いた。音楽だけじゃなくてダンスも見られて本当にすてきだったわ」と興奮した様子でした。

演奏とダンスの様子

演奏の様子

観客の様子