• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区ニュース > 夏休みのおいしいお勉強!~キッズ・シェフ「小松菜農園へ行ってみよう!見てみよう!」

ここから本文です。

更新日:2018年8月10日

夏休みのおいしいお勉強!~キッズ・シェフ「小松菜農園へ行ってみよう!見てみよう!」

調理の様子

 8月10日(金曜日)午前9時から、「キッズ・シェフ 小松菜農園へ行ってみよう!見てみよう!」が開催され、親子10組23人が参加しました。

 これは、西区で栽培されている小松菜の収穫や調理を通じて、子どもたちに地産地消や野菜摂取の大切さを学んでもらおうと、食に関係する団体や企業、学校などで構成される「西区食育推進ネットワーク」が主催したものです。

 宮下農園(西区福井10丁目)を訪れた参加者は、ビニールハウスに入り、はさみで小松菜を収穫。同園の宮下和枝(みやした・かずえ)さんの「無農薬栽培だから雑草や虫を取り除く作業は全て手作業。苦労して育てているので、給食に出たら残さずに食べてね」という呼び掛けに、子どもたちは感心した様子でした。

 一行は西保健センター(西区琴似2条7丁目)に場所を移し、採ってきた小松菜を使った料理に挑戦。今回のメニューは「小松菜のカレーそぼろめし」、「トマトと卵スープ」と「りんごゼリー」。子どもたちは、大人の手を借りながら野菜の下ごしらえや盛り付けに取り組み、1時間ほどで料理を完成させました。

 待ちきれない様子の子どもたちは、彩り豊かなメニューを早速試食。「おいしい!」「これなら野菜もたくさん食べられるね!」と歓声を上げていました。あっという間に皿が空になると、調理室にはうれしそうな「ごちそうさまでした!」の声が響き渡りました。

小松菜の収穫方法を聞く子どもたち

調理の様子

試食の様子