• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区ニュース > 畑から食卓まで丸ごと体験学習!~キッズ・シェフ

ここから本文です。

更新日:2018年7月27日

畑から食卓まで丸ごと体験学習!~キッズ・シェフ

調理の様子

 7月27日(金曜日)午前8時30分から、「キッズ・シェフ」が開催され、親子8組17人が野菜の収穫とスープカレー作りに挑戦しました。これは、旬の野菜を収穫し、そのおいしさを体感することで、地産地消や食べ物の大切さを学んでもらおうと西区役所が企画したものです。

 かわいふぁ~む(西区小別沢)を訪れた参加者は、同園の川合浩平(かわい・こうへい)さんに食べ頃の野菜の見分け方などを教わりながら収穫を開始。ダイコンやジャガ芋、ズッキーニなどを袋いっぱいに詰め込みました。川合さんに「同じ野菜の仲間でも、種類や大きさによって味が違います。無農薬栽培だからかじってみて」と言われた子どもたちは、その場で採れたての野菜をがぶり。「こっちのほうがおいしい!」「しゃきしゃきだ!」と、驚きの声を上げていました。

 収穫した野菜を手に、参加者は札幌市生涯学習総合センター「ちえりあ」(西区宮の沢1条1丁目)へ。スープカレー店「らっきょ」代表のイデゴウさんの指導の下、子どもたちは、大人の手を借りながら慎重に調理を開始。煮込んだスープにカルダモンやクミンなどの香辛料を混ぜ合わせると、会場は食欲をそそる匂いで満たされました。自分たちで収穫した野菜を丁寧に盛り付け、色鮮やかな特製スープカレーが完成。プロも認める出来栄えに、子どもたちは満足げな表情を浮かべていました。

 口いっぱいにほおばった子どもたちは「おいしい!」「スパイスのいい香り!」と大絶賛。参加した男の子は「お店みたいなスープカレーが自分で作れるなんてびっくり。帰ったらまた作ってみたい」と、目を輝かせていました。

ジャガイモを掘る子どもたち

調理の様子

試食の様子