• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区ニュース > 未来の防火防災リーダーを目指して~西区少年消防クラブのつどい

ここから本文です。

更新日:2017年11月25日

未来の防火防災リーダーを目指して~西区少年消防クラブのつどい

ロープ結索の競争

 11月25日(土曜日)から26日(日曜日)にかけて、はっさむ地区センター(西区発寒10条4丁目)で、平成29年度西区少年消防クラブのつどいが行われ、クラブ員や指導者ら約120人が参加しました。

 西区内には、少年消防クラブが、八軒、琴似、西町、発寒北、西野の計5つあり、小中学生約140人がクラブ員として応急手当や火災予防知識の習得などに取り組んでいます。

 今回のつどいは、札幌西区少年消防クラブ協議会(佐々木眞理子(ささき・まりこ)会長)が主催。いろいろな訓練や体験をしてもらおうと、初めて1泊2日の宿泊研修を実施しました。

 始めに取り組んだのは、チームごとに整列したり人数を点呼したりする規律訓練や、決められた結び方でロープを結ぶ結索訓練。「きちんと横一列に並ぼう」、「ロープはこうやって結ぶんだよ」と年上のクラブ員が後輩にアドバイスをする姿が見られました。続いて行われたのは、ロープを結びながらゴールを目指す障害物競技。懸命にロープを結ぼうとする子どもたちに、会場のあちこちから声援が飛んでいました。

 この日は、昨年度新設した検定制度で、防火などの高い知識や技術を修得したクラブ員を認定する「消防マイスター」の検定も行われ、子どもたちは一様に真剣な表情で課題に取り組んでいました。

 就寝も訓練のひとつ。避難所設営訓練を行い、会場を災害時の避難所に見立て、ダンボールを使った就寝場所を設営。そのまま寝袋などで一夜を明かしました。

 2日間にわたる研修を終えた子どもたちは、防火や防災に関する知識だけでなく、団体行動に必要な協調性も習得し、会場を後にしました。

規律訓練に挑む子どもたち

避難所設営訓練で完成した就寝場所

参加者の集合写真