• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区ニュース > 健康長寿をお祝い~100歳を迎えた区民に記念品を贈呈

ここから本文です。

更新日:2017年9月21日

健康長寿をお祝い~100歳を迎えた区民に記念品を贈呈

記念写真(右から浦屋西区長、中野さん)

 9月21日(木曜日)午前10時30分、浦屋謙(うらや・ゆずる)西区長が、100歳を迎えた中野キミ(なかの・きみ)さんのお宅を訪問し、お祝いの品を贈呈しました。

 毎年、100歳を迎える市民には、国と札幌市から祝い状と記念品を贈呈しています。西区では今年、男性14人、女性44人の計58人が100歳を迎えます。

 中野さんは、1918(大正7)年に岩手県久慈市で生まれました。3歳のときに札幌に転居してからは札幌で過ごし、開発局に勤めていた夫と結婚。夫は転勤で道内をあちこち異動しましたが、中野さんは札幌に残り、子ども2人を育て上げました。

 現在は、風邪をひくこともめったにないほど元気に過ごしているそうです。「長生きの秘けつは、よく食べてよく寝ること。それから、毎日明るく楽しく過ごすこと。嫌なことがあっても、暗く考え込んでしまうことはないの」と笑顔で話していました。

思い出を語る中野さん(左)