• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区ニュース > 楽しく歩いて健康づくり~「第9回西区ウォーキング~にしっ歩(ぽ)21」

ここから本文です。

更新日:2017年9月8日

楽しく歩いて健康づくり~「第9回西区ウォーキング~にしっ歩(ぽ)21」

三角山を眺めながら歩く参加者

 9月8日(金曜日)午前9時35分から、西区を巡る「第9回西区ウォーキング~にしっ歩21」が開催され、70人が参加しました。

 これは、区民の健康づくりに役立ててもらおうと、「西区健康づくりネットワーク会」のウォーキング部会「にしっ歩21」と西保健センターが共催したもの。同ネットワーク会は、地域の体操サークルや料理教室など、健康づくり活動を行うグループで構成されています。

 今回のコースは、6キロ、4キロのほか、ノルディックウオーキングの講習が付いた3.5キロの3つ。ノルディックウオーキングとは、2本のポールを持って歩く、フィンランド発祥の有酸素運動のこと。

 今回新しく設けられたノルディックウオーキングコースの講師を務めたのは、健康づくりサポーターの澁谷洋子(しぶや・ひろこ)さん。「ポールがあってもなくても腕の振り方は一緒。ポールを握りすぎず、背筋を伸ばして姿勢よく歩きましょう」と話し、参加者の前で歩いてみせました。

 4つのグループに分かれて出発した参加者は、屯田の森(西区琴似2条7丁目)から琴似発寒川や農試公園、琴似屯田兵村兵屋跡などを巡り、西区の美しい景色を楽しみながら心地よい汗を流していました。

 ノルディックウオーキングコースに参加した男性は「初めてポールを持って歩きました。今日は天気も良かったし、川沿いなどのいい景色のところを歩けて気持ちが良かったです」と話していました。

琴似屯田兵村兵屋跡を眺めながら歩く参加者

ノルディックウオーキングの講習