• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区ニュース > 新しい仲間と共に~第44期西区ときわ大学入学式

ここから本文です。

更新日:2017年9月6日

新しい仲間と共に~第44期西区ときわ大学入学式

学生代表の宣誓の様子

 9月6日(水曜日)午前10時から、札幌市生涯学習総合センター「ちえりあ」(西区宮の沢1条1丁目)で、第44期西区ときわ大学入学式が行われ、39人が出席しました。

 これは、西区内の施設などを会場に、座学や実技の講座を受講できる、65歳以上の区民を対象とした教室。学習を通じて、生きがいのある生活と心の通い合う友人関係を築いてもらおうと、西区役所が毎年開講しています。

 入学式では、学長を務める浦屋謙(うらや・ゆずる)西区長が「脳はいくつになっても鍛えられるものと聞きました。39人の同級生と、大いなる好奇心をもって、脳を活性化させてください」とあいさつ。学生を代表して、夏堀晃一(なつぼり・こういち)さんが「学習と友情の輪を広げ、全員揃って修了することを誓います」と宣言しました。

 続いて行われたのが、最初の授業となる講演「生涯学習について考える」。北翔大学の谷川松芳(たにかわ・まつよし)教授が「人は、新たな自分を見つけるために学びます。この大学を卒業する時には、私ってこんなことができたんだ、という発見があるはず」と語りかけました。

 今後は、西区の歴史をはじめ、パークゴルフや調理実習などの講座が行われ、10月27日(金曜日)に卒業式を迎える予定。

谷川教授の講演