• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区ニュース > 琴似に揺らめくキャンドルの明かり~「キャンドルナイトin琴似」開催

ここから本文です。

更新日:2017年6月21日

琴似に揺らめくキャンドルの明かり~「キャンドルナイトin琴似」開催

琴似小の児童がキャンドルナイトをしている店を訪問

 夏至の日の6月21日(水曜日)午後8時、家庭や店などで一斉に電灯を消し、キャンドルの明かりの下で環境について考えながら過ごす行事「キャンドルナイト」が全国各地で行われ、西区の琴似地区でも「キャンドルナイトin琴似」と題して開催されました。

 この催しは、商店街や小学校などで構成される琴似地区まちづくり協議会(加賀谷弘道(かがや・ひろみち)会長)が毎年取り組んでおり、今年で12回目。

 琴似小学校(西区琴似2条7丁目、森雅彦(もり・まさひこ)校長)5年生の児童は今日まで、手作りのキャンドルとイベントPR用のポスターを配ったり、ラジオ番組に出演してライトダウンを呼び掛けたりと準備に奔走しました。いよいよキャンドルナイト当日を迎え、商店街にはライトダウンの様子を自分たちの目で確かめようと、児童と保護者が集まりました。

 午後8時にあちこちで店舗や看板の照明が消え、キャンドルの明かりがともり始めると、「看板の電気が消えた!」「みんなで作ったキャンドルを使ってる!」など、うれしそうに声を上げていました。

大型店舗のネオンが消えた様子

キャンドルの明かりで営業する店