さっぽろの水のこと、いろいろしらべてみよう! | さっぽろの水道

札幌市水道局
トップページへ行く

安全でおいしいさっぽろの水

いろいろなこうもくをクリアした、安全でおいしい水

たとえば、こんなきじゅんがあります。

こうもく どんなもの? 国がきめたきじゅん さっぽろ市の水道水
残留塩素(ざんりゅうえんそ) 安全な水にするために入れなければならない「えんそ」。たくさん入っていると水がおいしくなくなったり、いやなにおいがしたりします。 1mg/リットルていど
以下(いか)
0.43mg/リットル
遊離炭酸(ゆうたりんさん) たくさん入っていると、まろやかさがなくなります。水道管(かん)などがくさるげんいんにもなります。 20mg/リットル
以下(いか)
2.8mg/リットル
有機物(ゆうきぶつ)※TOCのりょう 多いのは、水がよごれているしょうこにもなります。 2mg/リットル
以下(いか)
0.5mg/リットル
カルシウム・マグネシウムなど 水がとおってきた場所がちがうと、このりょうもちがいます。これが多いと、水がおいしくなくなったり、石けんがなかなかあわだたなくなったりします。 10~100mg/リットル 41mg/リットル
蒸発残留物(じょうはつざんりゅうぶつ) 少なすぎると味がしないし、多すぎるとおいしくないものです。 30~200mg/リットル 100mg/リットル

さっぽろ市の水道水のデータは、平成19年度のへいきんちです。
有機物(ゆうきぶつ)のもくひょうちはさっぽろ市が計算した数です。

さっぽろ市は、水がいつも安全でおいしいように、水の検査(けんさ)計画をたてています。
たとえば、「残留塩素(ざんりゅうえんそ)」などは、水に入っているりょうが変わらないように、
毎日、さっぽろ市のいろんなところでチェックしています。
そして、その計画と検査結果(けんさけっか)をみんながいつでも知ることができるように、
ホームページで公表(こうひょう)しています。
だから、わたしたちはいつも安全でおいしい水が飲めるのです。


みんなも考えてみよう ほかにどんなところで水道がつかわれているかな?