しろいしキッズ★トップページへもどる

区役所のお仕事紹介

市民部総務企画課地域振興課戸籍住民課土木部維持管理課
保健福祉部保健福祉課健康・子ども課保護一・二・三課保険年金課
区役所のお仕事紹介-トップにもどる

保健福祉部 保険年金課

お年寄りになったしろっぴー
みなさんが病気やけがをしたときに必要な健康保険(けんこうほけん)や将来おじいさん、おばあさんになったときに安心してくらしていくために必要な国民年金の手続きなどをしています。

国民健康保険(こくみんけんこうほけん)などの
手続きや相談を受ける

病気やけがをして病院に行ったときに払(はら)うお金を、みんなから集めたお金で助け合うしくみが「健康保険(けんこうほけん)」です。健康保険(けんこうほけん)には、国民健康保険(こくみんけんこうほけん)や、後期高齢者医療保険(こうきこうれいしゃいりょうほけん)、社会保険(しゃかいほけん)などがあります。
★健康保険(けんこうほけん)に入っていると、病気になってたくさんのお金が必要になっても、みんなから集めた保険料(ほけんりょう)から一部を負担(ふたん)してもらえます。
保険年金課では、
国民健康保険(こくみんけんこうほけん)、後期高齢者医療保険(こうきこうれいしゃいりょうほけん)、介護保険(かいごほけん)(※)に入る手続きややめる手続きをする
保険証(ほけんしょう)の発行(はっこう)や、保険料(ほけんりょう)の計算をする
みんなから保険料(ほけんりょう)を集めたり、保険料(ほけんりょう)を払(はら)うのがむずかしい人の相談を受ける
病気を治すのにお金がたくさんかかったときにお金を払(はら)い戻(もど)したり、こどもが生まれたときや家族が亡(な)くなったときにお金を払(はら)ったりする
などの仕事をしています。
※ 介護保険(かいごほけん)
介護保険(かいごほけん)とは、体が不自由になってきたお年よりの生活の手助けをしてくれるホームヘルパーや老人ホームなどの代金の一部を、40歳(さい)以上の人がお金を出し合って助け合うしくみです。

国民年金の手続きと相談を受ける

20歳(さい)から59歳(さい)までの人たちがお金を出しあって、お年よりや障(しょう)がいのある人などのくらしをささえる、助けあいのしくみが「国民年金」です。
保険年金課では、国民年金に入るときの手続きや、国民年金保険料(こくみんねんきんほけんりょう)を払(はら)うのがむずかしい場合どうしたらよいか、などの相談を受けています。
このページのトップへ
札幌市白石区 市民部総務企画課
〒003-8612 札幌市白石区南郷通1丁目南8-1
電話:011-861-2400(代表) FAX:011-860-5236
Copyright (C) 2010 City of Sapporo. All Rights Reserved.