しろいしキッズ★トップページへもどる

区役所のお仕事紹介

市民部総務企画課地域振興課戸籍住民課土木部維持管理課
保健福祉部保健福祉課健康・子ども課保護一・二・三課保険年金課
区役所のお仕事紹介-トップにもどる

土木部 維持管理課

スコップを持つしろっぴー
道路などが安心して使えるように管理することや除雪(じょせつ)の仕事などをしています。

道路を使う許可(きょか)と指導(しどう)をする

道路は、人や車などが通るためのものですが、それ以外にも、みなさんの生活に必要な水道管、下水道管をうめたり、電気や電話線の柱を建てたりする場所として使われています。
道路をほって水道管などの工事をするときには、許可(きょか)がいります。許可(きょか)を受けないで工事をしているときには、やめるように指導(しどう)しています。

道路のパトロールをする

黄色いパトロールカーに乗って、自動車が走る車道やみなさんが歩く歩道が安全に通れるかを点検(てんけん)しています。また、万が一、道路に大きな穴があいているときには、すぐに直して、車やみなさんの安全を守っています。

道路を整備(せいび)する

みなさんが安心して歩けるように歩道をつけたり、車が安全に走れるように舗装(ほそう)したり、道路に水たまりができないように雨水や雪どけ水を流す雨水桝(うすいます)をつけたりして、白石区内の道路を計画的に工事しています。

道路の交通安全対策(こうつうあんぜんたいさく)をする

みなさんが交通事故(こうつうじこ)にあわないように、ガードレールをつけたり、道路から落ちないように防護(ぼうご)さくをつけたりしています。また、見通しの悪い交差点(こうさてん)や曲がり角にはカーブミラーをつけて、車同士がぶつからないようにしたり、いろいろな標識(ひょうしき)をつけたりしてみなさんの安全を守っています。

道路の修理(しゅうり)をする

でこぼこになった道路の修理(しゅうり)や、雨水や雪どけの水を流す雨水桝(うすいます)の掃除(そうじ)、ガードレールの修理(しゅうり)などをして、いつでもみなさんが安心して道路を使えるようにしています。

自転車の駐輪場(ちゅうりんじょう)の整備(せいび)と管理をする

地下鉄やJRの駅のそばに自転車を止める場所を作り、みなさんが自転車を利用しやすいようにしています。また、止めている自転車が通る人のじゃまにならないように、毎日、自転車の整理(せいり)をしています。

サイクリングロードの管理をする

白石区内のサイクリングロードを修理(しゅうり)しているほか、歩く人のじゃまになる草や木を切って、みなさんがいつでも安全に通れるように管理しています。

橋を管理をする

白石区の川や鉄道をまたぐコンクリートの橋と鉄の橋を、みなさんが安全に安心して通れるように、パトロールなどをして、管理をしています。

道路の除雪(じょせつ)をする

夜に雪が降った時などは、みなさんが朝、家をでる時間に間に合うように、夜中に除雪(じょせつ)をしています。また、車道に大きな雪山ができたときは、ダンプトラックに雪を積んで、雪のたい積場まで運んでいます。

自然災害時(しぜんさいがいじ)の対応(たいおう)をする

台風や地震(じしん)などの自然災害(しぜんさいがい)が発生したときには、道路や川などをパトロールし、危険な所がないかを調べます。また、大雨などで川の水が畑などにあふれそうなときには、ポンプで水をくみ上げて、被害(ひがい)をふせぐようにしています。

川を管理をする

川の両側にある土手やさくがこわれていないか、川の水の流れをじゃまするごみがないかなどを調べるためにパトロールをしています。もし、こわれた場所を発見したときには、修理(しゅうり)をし、ごみや草などがあれば、掃除(そうじ)や草かりをして川を管理をしています。

街路灯の整備(せいび)と管理をする

白石区内の道路には、夜間の交通安全や防犯(ぼうはん)のために約10,000基(き)の街路灯があります。古くなった街路灯や切れた電球を取りかえています。

街路樹(がいろじゅ)を管理する

歩道などに植えられている街路樹(がいろじゅ)を管理しています。街路樹(がいろじゅ)は夏に木かげを作ったり、騒音(そうおん)をやわらげたりしてみなさんの生活の役に立っています。
しかし、人や車に枝(えだ)がぶつかったり、信号機(しんごうき)や街路灯がかくれたりして、事故につながることがあります。そのため、じゃまにならないように街路樹(がいろじゅ)の枝(えだ)を整えています。

公園の管理をする

いつでもみなさんが安心して公園で遊べるように、ブランコやすべり台などがこわれていないかを点検(てんけん)しています。また、掃除(そうじ)、草かりなどのほか、古くなった公園などを新しくする工事をしています。

公園の占用(せんよう)をみとめる

地域(ちいき)のイベントなどでたくさんの人が公園を使うことを占用(せんよう)といいます。占用(せんよう)するためには、許可(きょか)が必要(ひつよう)です。使う人から届け出(とどけで)をもらい、問題がなければ、占用(せんよう)をみとめています。
このページのトップへ
札幌市白石区 市民部総務企画課
〒003-8612 札幌市白石区南郷通1丁目南8-1
電話:011-861-2400(代表) FAX:011-860-5236
Copyright (C) 2010 City of Sapporo. All Rights Reserved.