さっぽろの戦跡

ホーム > 歴史と戦跡 > さっぽろの戦跡 > 北海道陸軍兵器補給廠

北海道陸軍兵器補給廠

戦跡地図へ戻る

画像をクリックすると拡大画像が表示されます

昭和19 (1944)年、現在の白石区役所を中心とした約38万平方㍍の広大な土地に陸軍兵器補給廠が建てられ、道内各地と樺太、千島列島に支廠と出張所が開設されました。北方戦線への兵器や物資供給のためです。兵器補給廠に勤める将兵の住宅として建てられた陸軍官舎が、今も現存しています(写真左上)。

現在の白中公園(平和通2丁目南4)の写真01

現在の白中公園(平和通2丁目南4)の写真02

現在の白中公園(平和通2丁目南4)には2棟を廊下でつないだH型兵舎が建てられ、50人ほどの兵士が寝泊まりしていた。

当時の北海道陸軍兵器補給廠

当時の北海道陸軍兵器補給廠

ページの先頭へ戻る