ホーム > 教育・文化・スポーツ > 郷土史と文化財 > 博物館活動センター > ご利用案内 > 貸し出し標本セット、配布物について(貸し出し書類ダウンロード)

ここから本文です。

更新日:2016年4月26日

貸し出し標本セット、配布物について(貸し出し書類ダウンロード)

資料や教材・展示物の借用に必要な書類は下記1.~3.です。借用(受取)の2週間前までに「借用申出書」と「団体等の概要」の提出が必要です。お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。

※借用書は借用当日でも構いませんが、借用申出書と同時に先にお送りいただくほうがよろしいかと思います。

詳細はこちらをご覧ください。⇒借用の手順と注意点(ワード:31KB)

1.借用申出書(ワード:27KB)

2.団体等の概要(ワード:29KB)←学校や図書館、自治体など公的機関は提出の必要ございません。

3.借用書(ワード:31KB)←借用当日におもちいただいても構いません。(資料と引き換えに頂く書類のため。)

貸し出し教材セット「ミュージアム・BOX」(樹脂封入標本)

ミュージアムボックスケースミュージアムボックス標本ミュージアムボックス標本(藻岩山・円山)

札幌の自然・環境、動植物について、テーマ別に楽しく学習できる貸し出しセット「ミュージアム・BOX」を作製しました。透明な樹脂(プラスティック)の中に実物標本が入っています。特に専門的知識がなくても利用できます。授業や観察会プログラムにあわせて、自由にアレンジしてください

「札幌の自然を知ろう」シリーズテーマ紹介

テーマ1「動物の成長を比べてみよう」
テーマ2「花に来る虫をしらべてみよう」
テーマ3「札幌で見られる木の実~実の運ばれ方~」
テーマ:藻岩山・円山「水辺の生き物を観察しよう」
テーマ:藻岩山・円山「哺乳類の痕跡を観察しよう」

この教材のよいところ

  • 教えるポイントの解説シートも一緒に入っています。
  • 標本を手に持って、360度どこからでも観察できます。
  • 標本を壊す心配がありません。(子供さんでも安心して触らせられます。※標本の角にはご注意ください。)
  • 季節や天気を問わず、実物標本を観察できます。(雨が降ってもプログラムを実行できる等)
  • 軽くて持ち運びやすいソフトケース(カバン)に収納されています。

 

ページの先頭へ戻る

展示解説書「さっぽろ時空探険」の配布について

展示解説書「さっぽろ時空探検の書」

札幌の大地がどのようにできたのか?どんな生き物がいるのか?など札幌の自然史を学習できます。ご来館・見学の前後の学習やまとめにもご利用ください。昆虫標本と植物標本の作り方も載っています。

「さっぽろ時空探検」について

  • 原則、ご来館のみなさまだけに無料で配布しております。
  • 授業や環境学習などで、必要部数が多い場合は札幌市博物館活動センターまで受け取りにお越しください。
  • 問い合わせ先:札幌市博物館活動センター電話011-374-5002FAX011-374-5014

ページの先頭へ戻る

このページについてのお問い合わせ

 札幌市博物館活動センター

〒062-0935 札幌市豊平区平岸5条15丁目1-6

電話番号:011-374-5002

ファクス番号:011-374-5014