ホーム > 教育・文化・スポーツ > 郷土史と文化財 > 博物館活動センター > 2009年の調査結果(分布と発生環境)

ここから本文です。

更新日:2017年4月3日

2009年の調査結果(分布と発生環境)

124の個人・団体が参加し、札幌市内から合計1098個体の“ぬけがら”が寄せられました。2008年の調査で確認されたアブラゼミ、コエゾゼミ、エゾゼミ、エゾハルゼミ、ツクツクボウシに加えて、今回新たにアカエゾセミとミンミンゼミの“ぬけがら”が見つかり、合計7種のセミの発生が確認されました。調査票とアンケートの回答から、“ぬけがら”が見つからない場所や鳴き声が聞かれた場所など74地点の情報が得られました。

全種(下に表示中) ニイニイゼミ アブラゼミ コエゾゼミ
エゾゼミ アカエゾゼミ エゾハルゼミ ミンミンゼミ
ツクツクボウシ エゾチッチゼミ  

 

 

 

確認された全種のセミの分布状況(2009年)

2009年全種

この画像を拡大表示する(JPG:242KB)

見つかった種数:7種

寄せられたぬけがらの数:1098個体
採集地点数:458地点(全種の合計)

ページの先頭へ戻る

各種のぬけがらの数と採集地点数

種類

ぬけがら数

採集地点数

鳴き声

確認地点数

ニイニイゼミ

0

0

1

アブラゼミ

332

72

13

コエゾゼミ

383

153

0

エゾゼミ

176

84

6

アカエゾゼミ

14

14

2

(エゾゼミ類)*

-

-

3

エゾハルゼミ

189

131

5

ヒグラシ

0

0

0

ミンミンゼミ

1

1

3

ツクツクボウシ

3

3

13

エゾチッチゼミ

0

0

12

種不明

-

-

1

生息情報なし#

-

-

14

合計

1098

458

74

*鳴き声がエゾゼミ類3種のいずれであるか判断がつかなかった場合#ぬけがらも鳴き声も確認できなかった場合

ページの先頭へ戻る

“ぬけがら”の見つかった環境の内訳

種別の発生環境の内訳

※種類により総地点数(括弧内の数字)が異なります。地点数の少ないセミは他の環境でも見つかる可能性があります。

ページの先頭へ戻る

このページについてのお問い合わせ

 札幌市博物館活動センター

〒062-0935 札幌市豊平区平岸5条15丁目1-6

電話番号:011-374-5002

ファクス番号:011-374-5014