ここから本文です。

更新日:2016年12月24日

調査方法(2010年)

2010年に実施した“ぬけがら”による分布調査の調査方法です。

2011年は“ぬけがら”による分布調査を実施しておりません。

1.野外でセミの“ぬけがら”を見つける

 

こんなところを探してみよう!
・木(き)の幹(みき)
・木の枝(えだ)、はっぱの裏(うら)
・木のねっこにちかいところや、木のまわりの草(くさ)
“ぬけがら”の見つかる場所

・危険な場所や動植物の採取が禁止されている場所では採取しないでください。

 

・触角や前脚には種類を調べるための重要な特徴があります。壊れないように1匹ずつ小さなケース(フィルムケース、小箱、小型の弁当箱など)に入れてください。

 

・同じ場所で同じ種類の“ぬけがら”が多数見つかった場合は壊れていないものを1つ選んで採取してください。

 ぬけがら

↑種類を調べるのに重要な部分 

壊れないようにケースに入れる。

 
 

 

   

ページの先頭へ戻る 

2.調査票に記入する

・いつ、どこで、だれが採集したものかが分かるように“ぬけがら”1匹につき調査票1枚を記入してください。

・調査票はコピーして、またはこちらからダウンロードし印刷して使ってください。
調査票のダウンロード(PDF:355KB)

ページの先頭へ戻る

記入例

 

3.提出する

提出例

・写真のように“ぬけがら”1つと、調査票1枚をセットにしてください。

・集めた“ぬけがら”は札幌市博物館活動センターへ持参または郵送してください。(送料はご負担ください。)

募集締め切り:2010年10月31日

2010年度のぬけがらの募集は締め切りました。

ご協力ありがとうございました。

4.活用する

・提出していただいた“ぬけがら”は専門家が正確にセミの種類を調べ、証拠標本として博物館活動センターで収蔵・保管します。標本閲覧をご希望の際はお申し出ください。

・調査結果はこのホームページに掲載するほか、情報紙「さっぽろセミ通信」で配布します。

・データは調査や自由研究にご活用ください。(出典として「札幌市博物館活動センター・札幌市セミ調査」と明記してください。)

ページの先頭へ戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

 札幌市博物館活動センター

〒062-0935 札幌市豊平区平岸5条15丁目1-6

電話番号:011-374-5002

ファクス番号:011-374-5014