• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 生活情報
  • まちづくり
  • 区役所窓口案内
  • 施設案内

ここから本文です。

更新日:2013年2月1日

冒頭あいさつ

<司会(吉田さん)>
吉田さん時間となりましたので、これから、ふらっとホーム2012in南区を開催いたします。
今回、例年に比べて少し変わっているところは、指定テーマとして地域における保健、福祉、医療のあり方というテーマを設けております。それについても深く議論させていただきたいと考えております。
そこで今回は、市長、区長、それから、保健、福祉、医療、地域の市民活動を担当する副市長を交えて、皆さんと意見交換をさせていただきたいと思います。ちなみに、副市長は元お医者さんでいらっしゃいます。
それではまず、自己紹介ですけれども、私は札幌市立大学の吉田と申します。これまで地域活動のほか、札幌市レベルですと、みどりの審議会の委員長をやらせていただいて、緑や景観を担当して、札幌市の地域づくりの一端を担わせていただいております。どうぞよろしくお願いします。

<瀬川南区長>
瀬川南区長皆さん、こんばんは。南区長の瀬川と申します。
今日は、保健福祉のお話、医療、経済振興、景観の問題、そういったいろいろなテーマに基づいて、皆様方とざっくばらんに意見交換をさせていただきたいと思っているところでございます。
この中からいろいろなアイデアが生まれて、そして、それが具体的な事業に結びついていければ本当にすばらしいことだと思っております。
限られた時間ではございますが、どうかよろしくお願い申し上げます。


<渡部副市長>
渡部副市長渡部です。こんばんは。
テーマの中に福祉がありますけれども、札幌全体がそうなのですが、特に南区は、人口も少し減ってきて、高齢化率も高いところで、少し先行しているところがあります。
皆さんの率直なご意見をお聞かせいただければと思いますので、ひとつよろしくお願いします。

 

 

<上田市長>
上田市長皆さん、どうもこんばんは。
ようこそ、ご参加いただきまして、ありがとうございました。
ふらっとホームということで、気軽にお話をさせていただいて、また、いろいろな生活をされている中で、市政に関してこんな思いでいるのだけれどもというお話をちょうだいできればと思っています。解決できる問題も、そうではない問題も、課題を発見して、みんなで考えて、行政の力だけではなくて、自分たちの地域の中で解決していくことができないか、そういういろいろなことを含めてみんなで何とか糸口を見つけていこうということができればうれしいなと思いますので、よろしくお願い申し上げます。
南区も、タウントークを含め、住民の皆さん方と一緒にお話をする機会は10回目になりますけれども、これまでに、例えば、生ごみの処理の問題については、南区はとても実践的なご提案をいただきました。定山渓のホテルでは、毎日、食べ残しが出てまいります。それを一般のごみで焼却してしまうのではなくて、堆肥化をみんなでやろうという提案をいただきまして、これが実現し、昨年4月から、朝里の方に行くところにそういう工場ができました。
今、ホテルや定山渓地区の生ごみを集めているのですが、できれば、南区全体の多くの皆様にご参加いただけるようなシステムができればいいと思っております。また、ごみの問題では、全市の一般ごみのうち約45%が生ごみですから、その有効活用ができるようになりますと、今の焼却場の容量がもっと少なくて済むということも考えながら、今、取り組んでいるところであります。
ぜひ、多くの皆さん方にご意見をいただければと思っておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

<司会(吉田さん)>
こうやって少人数で話すと、密度が高い具体的なお話を市長が聞いてそれに答えてということで話を深めることができるので、ぜひ、今日は、いろいろなお話を煮詰めていきたいと思っております。

 

産業振興・経済発展、雇用推進へ

このページについてのお問い合わせ

札幌市南区市民部総務企画課

〒005-8612 札幌市南区真駒内幸町2丁目2-1

電話番号:011-582-4714

ファクス番号:011-582-0144