• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 生活情報
  • まちづくり
  • 区役所窓口案内
  • 施設案内

ホーム > まちづくり > 統計情報

ここから本文です。

更新日:2016年6月6日

統計調査の実施

「平成27年度統計調査功績者表彰式」が開催されました

長年にわたる統計調査の功績が認められ、南区各地区の統計調査員協議会会員の皆さまが各種表彰状等を受賞しました。

受賞された方は、藤野地区の大高喜代一氏(平成27年度北海道社会貢献賞)、藤野地区の田中義一氏(2015年農林業センサス功績者表彰)、澄川地区の坂元孝男氏(平成27年度北海道知事感謝状、統計功労・20年級)、藻岩地区の藤田幸子氏(平成27年度北海道知事感謝状、統計功労・20年級)、藻岩地区の志賀クニ子氏(平成27年度北海道知事感謝状、統計功労・10年級)、の5名です。

平成27年11月30日(月曜日)に南区役所で高野馨南区長から藤田氏、志賀氏の2名が感謝状の伝達を受けられました。なお、伝達式に出席されなかった方々については、ご自宅等にて伝達を受けられました。

伝達式集合写真

▲左から藤田氏、高野南区長、志賀氏

また、伝達式終了後は、高野区長との記念写真の撮影や統計調査の苦労話などで歓談されました。

歓談では、高野区長から、長年にわたる統計調査への尽力に対して感謝の言葉が贈られ、受賞者各氏からは、統計調査員としての豊富な経験を通じた感想などが述べられました。

伝達式歓談1 伝達式歓談2

▲区長室での歓談風景

なお、平成28年6月1日を期日として、「経済センサス-活動調査」が行われます。統計調査員の皆さんは、より精度の高い調査結果を求めて、熱心に調査活動を行っています。皆様のご理解とご協力を、よろしくお願いいたします。

 

「経済センサス-活動調査キャンペーンサイト」(総務省・経済産業省)

 

平成27年度南区統計調査員協議会連合会総会が開催されました

4月23日(木曜日)、南区統計調査員協議会連合会(大湊敏之会長)の平成27年度総会が、南区役所大会議室(札幌市南区真駒内幸町2丁目2-1)で開催されました。

統計調査員は、国が行う統計調査の第一線で、調査票の配布・回収などに活躍する地域の皆さんです。札幌市では、こうした調査員の皆さんが、地区ごとに統計調査員協議会を組織しており、統計調査ごとの調査員選出や新たな統計調査員の発掘などに取り組むなど、統計行政に寄与する活動をしています。

この各地区の協議会の連絡調整を図り、統計調査の推進に関する事業を実施しているのが、南区統計調査員協議会連合会です。平成27度総会には、34名の会員が出席されました。

開会に先立ち、南区阿部格也市民部長は来賓挨拶で、今年の10月1日に行われる国勢調査に触れ、「今年度は最大の統計調査である国勢調査がございますが、会員の皆様のご協力なしでは成し遂げられないことと存じます。皆様のご尽力を賜りますようお願い申し上げます。」と述べました。

総会では、平成26年度の事業報告・収支決算についての報告、平成27年度の事業計画案・収支予算案について審議され了承されました。また、役員改選が行われ、連合会会長に田村歳治さん、同副会長に佐久間邦彦さんが就任されました。

なお、今年度は、統計調査の中でも最も大規模な「国勢調査」が実施されますが、統計調査員の皆さんは、指導員や調査員として活動される予定です。

統計調査は国の政策決定の際に重要な指針となるものです。統計調査の実施は、統計調査員の皆さんの努力によって支えられています。

調査で知り得た秘密を他人に漏らすことは、統計法などで禁じられていますので、安心して各種の統計調査にご協力ください。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 

「平成26年度南区統計調査員協議会連合会研修会」が開催されました。

平成27年3月6日(金曜日)、南区の各地区統計調査員協議会に登録する統計調査員を対象に、南区民センター(札幌市南区真駒内幸町2丁目)で、南区統計調査員協議会連合会研修会が開催され、約70人の方が参加しました。

統計調査員は、国が行う統計調査の第一線で、調査票の配布・回収などに活躍する地域の皆さんです。

札幌市では、こうした調査員の皆さんが、地区ごとに統計調査員協議会を組織しており、統計調査ごとの調査員選出や新たな統計調査員の発掘に取り組むなど、統計行政に寄与する活動をしております。

この研修会は、各種統計調査に必要な知識・技能を身につけるとともに、調査員相互の連帯・協力体制の充実を目的に、毎年、同連合会が開催しているものです。

今回のメインテーマは、平成27年度に実施される国勢調査への理解を深めることです。

開会に先立ち、同連合会の大湊敏之会長から、「今年度は、経済センサス基礎調査および商業統計調査、工業統計調査、農林業センサスが実施されましたが、皆様のご尽力により、無事調査を終えることができました。」と挨拶がありました。また、阿部格也南区市民部長は来賓挨拶で、統計調査は国の政策決定の際の重要な指針であることに触れ、「健康に十分ご留意いただき、国勢調査におきましても、会員の皆様のご尽力をお願いしたい」と述べました。

この日の講師は、札幌市市長政策室企画課の金子昌明係長、「平成27年国勢調査に向けて」と題した講演です。

平成27年度は、「国勢調査」が実施されます。金子係長からは、国勢調査の目的や調査結果の利用について説明がされた後、平成27年国勢調査における調査員事務の前回調査との変更点などについて、説明が行われました。

約1時間にわたる研修会でしたが、参加者の皆さんは、平成26年度に実施される各統計調査についてへの理解を深めながら、最後まで熱心に聴講していました。

講演の様子

▲「平成27年国勢調査に向けて」の講演の様子

国勢調査は、統計法に基づく基幹統計調査として、最も基本的で重要な統計調査です。大正9年の第1回調査以来、5年ごとに実施されており、平成27年国勢調査は20回目に当たります。

国勢調査に従事する統計調査員は、総務大臣が任命する非常勤の国家公務員として、守秘義務を負っております。調査で知り得た秘密を他人に漏らすことは、統計法で禁じられておりますので、安心してご協力ください。
国勢調査の調査期日は平成27年10月1日(木曜日)です。皆様のご理解とご協力をよろしくお願いします。
詳しくはこちらをご覧ください。

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市南区市民部地域振興課

〒005-8612 札幌市南区真駒内幸町2丁目2-1

電話番号:011-582-4723

ファクス番号:011-582-5470