• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 生活情報
  • まちづくり
  • 区役所窓口案内
  • 施設案内

ホーム > 南区の取り組み > 南区の行政運営

ここから本文です。

更新日:2017年5月1日

南区の行政運営

南区では、平成29年度の運営方針を策定し、区民の皆さまと連携してまちづくりに取り組んでいます。
PDFによる印刷版は、平成29年度の南区運営方針(PDF:255KB)をご覧ください。

南区の運営にあたって

 南区は少子高齢化が進み、年々人口が減少している状況にありますが、一方で、札幌市の中でも特に大きな面積の森林等の自然環境を擁し、また、昨年開湯150周年を迎えた定山渓温泉や藻岩山といった観光名所も数多くあり、地域住民はもとより、来訪者にとっても大変魅力のあるまちです。
 そこで、今年は、健康づくり、防災や除雪の対策を引き続き進めることはもちろんのこと、年齢を重ねてもいきいきと暮らせる地域づくりと若い世代にも「住みたいまち」「行ってみたいまち」と感じていただける南区を目指し、様々な事業に取り組みたいと考えています。
 そのため、「安心して暮らせるまちづくり」、「魅力と活力にあふれたまちづくり」、「市民感覚を大切にした区役所づくり」を3本の柱として、区役所職員一丸となって、まちづくりに取り組んでいきます。
 今年の8月には、「札幌国際芸術祭2017」が開幕します。南区では、札幌芸術の森と石山緑地が会場となっていることから、アートの発信地として「札幌国際芸術祭2017」と区や地域のイベントを連携することにより地域の魅力づくりに結び付けるよう、柔軟な発想でまちづくりを進めていきます。

南区長 佐藤 達也


ページの先頭へ戻る

1. 安心して暮らせるまちづくり

1.安全、安心なまちづくり

防災

春の児童見守り運動災害発生に備え、地域が主体となった防災マップ作成への支援や、地域と連携した防災訓練の実施、さらには地域防災研修や簡易型災害図上訓練(DIG)、避難所運営ゲーム(HUG)などの充実を図り自主防災組織への支援を行います。
また、災害対応の体制強化を図るため、関係団体との協議を進め連携・協力していくとともに、橋梁、トンネルなどの施設について定期的な調査点検を行い、計画的に保全対策を進めるほか、災害が発生するおそれのある場合には効率的なパトロールを行い、万が一の災害発生時には迅速な対応に努めます。

交通安全、防犯

夏の交通安全市民総ぐるみ運動各地域の交通関係団体や学校と連携して交通安全運動を展開し、事故防止に努めます。
また、子どもや女性、高齢者などの安全・安心の確保のため、地域団体と連携した防犯パトロールや地域での見守り活動への支援を推進します。

雪対策

東海大学除雪ボランティア出陣式南区は面積が広いため地区ごとに雪の降り方が異なり、山坂も多いなどの特色がありますが、区民の生活を支える道路を少しでも良好な状態に維持できるよう、現場状況に応じて適時柔軟な除排雪に努めていきます。また、広報「冬みち便り」の各戸配布や、小学校等での出前授業、地域ボランティア活動への支援など、地域と連携したさまざまな取組を推進します。

2.健康でぬくもりあるまちづくり

健康寿命延伸

健康まつり健康阻害要因となっている生活習慣病、認知症、関節疾患(ロコモティブシンドローム)などの改善に向けて、健康診断等の受診促進や、地域住民・関係団体などと連携した食育教育やウォーキング大会、健康まつりなどの開催のほか、健康関連の地域イベントの協力を通じて、若年層を含めた幅広い世代に身近な健康づくりの推進や介護予防の普及・啓発を実施することにより、健康寿命延伸を進めます。

子育て対策

両親教室子育て中の保護者や地域の子育て支援者に対して、子育てに関する技術や知識などの情報提供を積極的に行うとともに、地域住民や関係機関と連携しながら育児への不安解消や虐待対応などの対策に取り組みます。

 

ページの先頭へ戻る

2. 魅力と活力にあふれたまちづくり

1.地域まちづくり活動の推進

住民活動支援

藻岩下夏祭り住民が主体的に取り組むさまざまなまちづくり活動を、まちづくりセンターを拠点として支援するとともに、地域のまちづくりの担い手である町内会の振興を図るため、参加促進に対する支援を行います。

地域自主運営まちづくりセンター支援

地域とより緊密な連携を図りながら、地域自主運営化されたまちづくりセンターに対して区役所全体で支援を行います。

2.区民との協働による地域資源を活用したまちづくり

札幌シーニックバイウェイとの連携

芸術の森地区雪あかり区民協議会として位置付けた「札幌シーニックバイウェイ藻岩山麓・定山渓ルート運営代表者会議」と連携して地域の活性化や地域の魅力アップを図ります。

若い力を活用した地域活性化

区内にキャンパスを有する大学の専門性や学生の豊かな想像力を活かして、札幌国際芸術祭2017と連携した取組や地域の魅力アップを図る事業を実施します。
また、小学生に地域の魅力を知ってもらう取組を通じて、地元への愛着心の醸成を図ります。

まちナカアート 取って食べちゃお!親子料理教室

出会いの場の創出

人口減少の続く南区において、南区の地域資源を活用した男女の出会いの場を創出することにより、地域の活性化を図ります。

出逢いの場創出事業 出逢いの場創出事業

緑道の整備

快適で魅力ある歩行空間ネットワークを形成し良好な住環境を維持していけるよう、地域の要望や意見を取り入れながら、真駒内地区に広がる緑道を段階的に再整備し、さまざまな世代間の交流や賑わいの創出を目指します。

緑道の維持・整備に関するワークショップ

環境負荷の低減

公園の落ち葉を利用した腐葉土づくりを行うなど、その有効利用を図るとともに、道路・公園・河川の維持管理により生じた剪定枝などを市民に配布し、緑のリサイクル運動を推進します。
 
                                                            ページの先頭へ戻る

                                                                                                                                         

3. 「市民感覚」を大切にした区役所づくり

1.職場内のコミュニケーションの活性化とサービスアップの充実

地域課題に対し各職場が連携して対応できる組織をつくるため、各種研修や勉強会等を実施して適正な事務執行体制を確立するとともに、職場間のコミュニケーションの活性化を図ります。また、「市民感覚」を大切にし、より区民の立場に立って区役所の利便性を向上させ、区民が相談しやすい環境づくりに取り組みます。

2.情報発信の推進

南区のホームページをはじめ、各種広報媒体を効果的に活用し、市民が知りたい情報や市政の重要課題などを速やかに、かつわかりやすく提供します。

ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市南区市民部総務企画課

〒005-8612 札幌市南区真駒内幸町2丁目2-1

電話番号:011-582-4705

ファクス番号:011-582-0144