• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 生活情報
  • まちづくり
  • 区役所窓口案内
  • 施設案内

ホーム > まちの話題 > 石山望豊台の碑タイムカプセル開封式

ここから本文です。

更新日:2020年9月15日

石山望豊台の碑タイムカプセル開封式

写真1:タイムカプセル開封の様子

令和2年(2020年)9月11日(金曜日)

 

~ 過去からの贈り物 ~  

 

 9月11日(金曜日)10時から、石山陸橋付近にある望豊台(ぼうほうだい)の碑(札幌市南区石山東1丁目)で、望豊台の碑保存会(大磯英太郎代表代理)と石山緑小学校(札幌市南区石山1条4丁目。安藤九一校長)の共催による「石山望豊台の碑タイムカプセル開封式」が行われました。
 望豊台の碑は、先人の石山開拓の労をねぎらい開拓の心を後世に伝えようと、昭和13年に豊平町青年団石山分団員が建立したもの。石山陸橋の拡幅工事に伴い、昭和61年に同碑が現在の場所に移設されたことを記念し、当時の石山小学校の児童らが「タイムカプセル」を埋設しました。
 式には保存会の会員や石山緑小学校の4年生、当時の関係者など約100人が参加。同会代表代理や来賓のあいさつの後、埋められたタイムカプセルのふたが会員らの手で開けられると、参加者から大きな歓声が上がりました。開封したタイムカプセルからは、当時の石山小学校の児童らが書いた作文や似顔絵などが取り出されました。
 その後、タイムカプセルを埋めた石山小学校の卒業生から、開封式に参加した児童らに当時の思い出や今の気持ちなどが語られました。思い出の品を受け取った卒業生は「同級生と集まった時に、タイムカプセルの話しをしたいと思います」と笑顔で話していました。
 なお、石山緑小学校では、当時タイムカプセルに作文などを入れた方からの問い合わせに対応しています。

写真2:開封後のタイムカプセル

写真3:卒業生が話す様子

写真4:タイムカプセルの中身

このページについてのお問い合わせ

札幌市南区市民部総務企画課

〒005-8612 札幌市南区真駒内幸町2丁目2-1

電話番号:011-582-4714

ファクス番号:011-582-0144