• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 生活情報
  • まちづくり
  • 区役所窓口案内
  • 施設案内

ホーム > まちの話題 > 真駒内駅前緑化事業

ここから本文です。

更新日:2019年5月28日

真駒内駅前緑化事業

花の植栽の様子1

令和元年(2019年)5月24日(金曜日)

 

~ 緑化・路上駐輪防止のプランターを設置 ~   

  

 5月24日(金曜日)13時30分から、地下鉄真駒内駅駐輪場の周辺において、札幌市南区緑友会による緑化と路上駐輪防止を目的としたビア樽型プランターの設置が行われました。
 札幌市南区緑友会は、公園・街路樹の維持管理技術の向上や、事故・災害時における復旧活動などを目的に、南区内の造園業者が昭和56年に設立した団体。6社で構成する同会は、平成27年から社会貢献の一環として真駒内駅駐輪場の周辺にプランターを設置、管理しており、今年が5回目の実施となります。
 会員企業からの参加者は、マリーゴールドやネメシアなど9種類の植物を、慣れた手つきで鮮やかにプランターへ植えていきました。
 真駒内駅周辺の歩道上は、生活環境の保全と都市機能の維持、良好な都市環境の形成を目的に、条例で自転車等の放置禁止区域に指定されています。
 平成27年の活動当初から参加している同会会長の松井利紀さん(株式会社細田造園代表取締役社長)は、「プランターには落ち着いた雰囲気の花や香りが楽しめる花を植えました。駅前の環境を維持するためにも自転車は所定の場所に停めていただくとともに、駅を利用する皆さんに花を楽しんでいただきたい」と話しました。
 プランターの植物は花の見ごろに応じて植え替えられ、秋まで楽しめるとのことで、同会では今後も水やりや草取りなどの維持管理を続けながら、真駒内駅前の景観向上に寄与していきます。

花の植栽の様子2

植栽後のプランター

このページについてのお問い合わせ

札幌市南区市民部総務企画課

〒005-8612 札幌市南区真駒内幸町2丁目2-1

電話番号:011-582-4714

ファクス番号:011-582-0144