• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 生活情報
  • まちづくり
  • 区役所窓口案内
  • 施設案内

ホーム > まちの話題 > 藤の沢小学校「第61回愛鳥祭」

ここから本文です。

更新日:2019年5月24日

藤の沢小学校「第61回愛鳥祭」

写真2:1年生による学級目標の発表

令和元年(2019年)5月15日(火曜日)

 

~ 小鳥たちと一緒に自然を学ぶ ~ 

 

 5月15日(水曜日)10時30分から、小鳥の村愛鳥広場(札幌市南区石山407番地)で、藤の沢小学校(札幌市南区石山528番地。神与博校長)の児童による「第61回愛鳥祭」が行われました。
 同校では、自然散策ができる小鳥の村がすぐ近くにあるという立地環境を生かして、年間を通して野鳥や植物の観察を行うなど、児童が自然と触れ合う機会を多く設けています。
 今年で61回目を迎えた「愛鳥祭」は、昭和34年から毎年5月の愛鳥週間(5月10日から16日)に合わせて行われている伝統行事で、当時の「小鳥の村」村長と同校校長の「小鳥を愛することは、自然を愛することにつながる」という考えから始まり、自然教育の一環として現在も続けられています。
 児童らは、各学級のシンボルとなる「学級の鳥」を描いた旗を学年ごとに披露し、「シジュウカラのようにみんなで仲良く頑張ります!!(1年生)」など、鳥たちの生態にちなんだ学級目標を発表しました。
 続いて、児童全員が「小鳥の村の歌」を元気よく合唱。また、例年はバードカントリー委員によって「記念巣箱かけ」が実施されるが、今年は、昨年の「愛鳥祭」で掛けた記念巣箱の中に鳥の卵が確認されたことから、巣箱の掛け替えはうれしい意味で中止となりました。
 児童の一人は、「巣箱に鳥が卵を産んでくれていて、とてもうれしいです」と笑顔で話していました。

写真1:愛鳥祭の様子

写真3:記念巣箱の中の卵

このページについてのお問い合わせ

札幌市南区市民部総務企画課

〒005-8612 札幌市南区真駒内幸町2丁目2-1

電話番号:011-582-4714

ファクス番号:011-582-0144