• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 生活情報
  • まちづくり
  • 区役所窓口案内
  • 施設案内

ホーム > まちの話題 > サケ稚魚体験放流2019

ここから本文です。

更新日:2019年5月7日

サケ稚魚体験放流2019

体験放流1

令和元年(2019年)5月3日(祝日・金曜日)

 

~ 大きくなって帰ってきてね ~ 

 

 5月3日(祝日・金曜日)~6日(月曜日)、札幌市豊平川さけ科学館(札幌市南区真駒内公園2-1)横の真駒内川放流水路で「サケ稚魚体験放流」が開催されました。
 これは、サケの稚魚の放流を通して、川や海とのつながりを感じるとともに、昭和53年(1978年)から続く札幌市のサケ保全活動を知る機会を創出することを目的に同館が主催したもの。
 放流するサケの稚魚は、ふ化から4か月ほどたち、体長5センチメートル、重さ1グラムほどに育ったもので、2匹ごとにコップの中に入れられ、参加者に手渡されました。川べりに並んだ子供たちは、ゆっくりとコップを傾け、「元気でね」などと声を掛けながら放流し、川の流れに乗って泳ぎ始めた稚魚を見送っていました。
 放流した稚魚は、3~4年後の秋に、親ザケとなって産卵のために豊平川に帰ってくる見込みです。
 参加者の1人は、「放流した稚魚が豊平川に帰ってきたら嬉しいです」と笑顔で話していました。

体験放流2

サケの稚魚

このページについてのお問い合わせ

札幌市南区市民部総務企画課

〒005-8612 札幌市南区真駒内幸町2丁目2-1

電話番号:011-582-4714

ファクス番号:011-582-0144