• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 生活情報
  • まちづくり
  • 区役所窓口案内
  • 施設案内

ホーム > まちの話題 > 砂まきキャンペーン2018

ここから本文です。

更新日:2018年12月25日

砂まきキャンペーン2018

キャンペーンの様子1

平成30年(2018年)12月21日(金曜日)

 

凍結路面による転倒防止のために  

 

 12月21日(金曜日)15時00分から、地下鉄真駒内駅の周辺で「砂まきキャンペーン2018」が行われ、市民に砂まきへの協力を呼びかけました。
 札幌市では、冬期に発生するつるつる路面での転倒防止のため、地下鉄駅の周辺や人通りの多い交差点などを中心に砂箱を設置し、市民との協働で砂まき活動を進めています。今回のキャンペーンは、誰もができる安全な冬みちづくりである「砂まき」をもっと広く市民にPRしようと、札幌市建設局雪対策室が主体となり街頭啓発を実施しています。
 この日の街頭啓発には、札幌市雪対策公式キャラクターゆきだるマンと南区土木センターなど南区役所の職員15人が参加しました。南区の玄関口である真駒内駅周辺は、人通りが多く路面が凍結すると転倒の危険があることから、積極的な砂まき活動が望まれる場所です。職員たちは、平岸通沿いの歩道で「砂まきキャンペーンを実施しています、砂まきのご協力をお願いします」と道行く人に声を掛けながら、「つるつる路面にぱぱっと砂まき」と標語が書かれた啓発用のポケットティッシュを一人一人に手渡していました。
 このキャンペーンは、12月27日(木)まで順次、市内各地で実施予定です。

キャンペーンの様子2

啓発用ポケットティッシュ

このページについてのお問い合わせ

札幌市南区市民部総務企画課

〒005-8612 札幌市南区真駒内幸町2丁目2-1

電話番号:011-582-4714

ファクス番号:011-582-0144