• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 生活情報
  • まちづくり
  • 区役所窓口案内
  • 施設案内

ホーム > まちの話題 > むかしむかし定山渓鉄道が走っていたころのおはなし

ここから本文です。

更新日:2017年7月31日

むかしむかし定山渓鉄道が走っていたころのおはなし

むかしむかし定山渓鉄道が走っていたころのおはなし①

平成29年(2017年)7月30日(日曜日)

 定山渓鉄道の歴史を伝える
 
   

 7月30日(日曜日)13時00分から、藤野地区センター(札幌市南区藤野2条7丁目)で、大正・昭和期に札幌市中心部と定山渓を結んでいた定山渓鉄道をテーマにした講演会「むかしむかし定山渓鉄道が走っていたころのおはなし」が行われました。
 これは、地域への愛着を深めることを目的に、藤野地域に図書館づくりをすすめる会が主催したもの。また、札幌南陵高等学校の生徒が受け付けや資料配布などボランティアとして参加しています。
 この日は、石山在住の岩本欣也さんが、定山渓鉄道に乗って三笠スキー場や小金湯温泉に行った思い出や、定山渓鉄道や札幌軟石の歴史などについて、当時の8ミリフィルムの映像を交えながら語りました。
 来場者の一人は、「子どもの頃のことを思い出しながら聞いていました。定山渓鉄道の歴史などを若い世代に伝えていきたいです」と笑顔で話していました


むかしむかし定山渓鉄道が走っていたころのおはなし②

むかしむかし定山渓鉄道が走っていたころのおはなし③

このページについてのお問い合わせ

札幌市南区市民部総務企画課

〒005-8612 札幌市南区真駒内幸町2丁目2-1

電話番号:011-582-4714

ファクス番号:011-582-0144