• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 生活情報
  • まちづくり
  • 区役所窓口案内
  • 施設案内

ホーム > まちの話題 > 「さくらの森夏祭り」および「さくらの森眺望サイン披露式」

ここから本文です。

更新日:2017年7月24日

「さくらの森夏祭り」および「さくらの森眺望サイン披露式」

バルーンアート体験

平成29年(2017年)7月22日(土曜日)

 桜の名所でにぎやかな催しがいっぱい

 7月22日(土曜日)、23日(日曜日)に、小金湯さくらの森(札幌市南区小金湯604番地ほか)で「さくらの森夏祭り」が開催されました。
 平成28年4月に開園した同公園は、園内にエゾヤマザクラやチシマザクラなど11種類、約800本の桜が植えられているほか、休憩所やイベント用スペースを備えた施設や周囲の山々が見渡せる展望台などが設置されています。
 「さくらの森夏祭り」には、たくさんの子どもや家族連れなどが来場。会場では、縁日やライブステージ、バルーンアート体験、同公園を題材にして製作された紙芝居「こうたと桜の森」の読み聞かせ会などが行われ、来場者を大いに楽しませていました。
 また、初日には「さくらの森眺望サイン披露式」も行われました。この眺望サインは、来園者や地域住民の要望により札幌市の「さぽーとほっと基金」を活用し設置されたもので、展望台から一望できる山々の名称が表示されています。披露式には札幌市や札幌商工会議所、定山渓沿線町内会連絡協議会の関係者らが出席。除幕が行われ眺望サインがお披露目されると、来場者からは盛大な拍手が起こりました。
 展望台を訪れた来場者の一人は、「眺望サインのおかげで、展望台から見える山も一目で名前がわかりますね」と笑顔で話していました。

 

披露式の様子

眺望サイン

紙芝居「こうたと桜の森」読み聞かせ会

このページについてのお問い合わせ

札幌市南区市民部総務企画課

〒005-8612 札幌市南区真駒内幸町2丁目2-1

電話番号:011-582-4714

ファクス番号:011-582-0144