• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 生活情報
  • まちづくり
  • 区役所窓口案内
  • 施設案内

ホーム > まちの話題 > 2016年度東海大学To-Collabo(トコラボ)プログラム報告会

ここから本文です。

更新日:2016年11月9日

2016年度東海大学To-Collabo(トコラボ)プログラム報告会

パネルディスカッション

平成28年(2016年)11月5日(土曜日)

 大学による地域連携活動の成果を報告
 
 
11月5日(土曜日)13時から、東海大学付属札幌高等学校講堂(札幌市南区南沢5条1丁目)で「2016年度東海大学To-Collabo(トコラボ)プログラム報告会」が行われました。
 同プログラムは、キャンパス周辺の地域の問題や課題について、教職員・学生・市民・自治体が共有しながら協力して解決策を探る取り組み。札幌市を含め全国に8キャンパスをもつ同大学では、このプログラムに基づき、キャンパス周辺の自治体とともに地域連携活動を推進しています。
 この日は、同プログラムの概要を紹介した後、同大学の山田清志学長と秋元克広札幌市長が「地域の再発見と活性化」をテーマに対談。
 その後、同大学札幌キャンパスの教授や学生、高野馨南区長ら7人がパネルディスカッションを実施。札幌軟石を活用したプロジェクトや地域ボランティアプロジェクトなど同キャンパスが取り組んでいる地域連携活動を題材に、スライドを使用しながら、地域住民・大学・行政の連携について報告しました。
 総括として、高野区長は「地域は、若い世代がまちづくり活動へ参加してくれることを望んでいると思います。この取り組みを通じて、多くの学生が地域と連携しながら、魅力発信や課題解決を図っていくことで、地域の活性化や賑わいづくりの大きな成果となっており、心強く感じている」と述べました。
 質疑応答では、来場者より、活動への賛辞と今後への期待の声が寄せられていました。
 このほかに、同大学が推進する各種事業の報告や研究課題発表なども行われました。


パネルディスカッション

対談

報告会場の様子

このページについてのお問い合わせ

札幌市南区市民部総務企画課

〒005-8612 札幌市南区真駒内幸町2丁目2-1

電話番号:011-582-4714

ファクス番号:011-582-0144