• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 生活情報
  • まちづくり
  • 区役所窓口案内
  • 施設案内

ホーム > まちの話題 > 平成28年度札幌市総合防災訓練

ここから本文です。

更新日:2016年9月2日

平成28年度札幌市総合防災訓練

訓練の様子1

平成28年(2016年)9月1日(木曜日)

 地域の防災意識を高めよう

 9月1日(木曜日)9時30分から、陸上自衛隊真駒内駐屯地(南区真駒内17番地)で、「平成28年度札幌市総合防災訓練」が実施され、地域住民や各防災関係機関・団体および企業など約1300人が参加しました。
 この訓練は、地域における防災意識や防災対応能力の向上のため、9月1日の「防災の日」に合わせ、毎年行われているもの。今回は、「長雨による土砂災害発生の恐れがある中で、石狩地方を震源とする直下型地震が発生した」という想定の下で訓練を実施しました。
 地域住民が参加する応急手当・煙道通過・簡易担架作成・消火訓練などの発災対応市民体験訓練や避難場所開設運用訓練のほか、各防災関係機関が連携した土砂災害救出救護訓練、高層建築物救出消火訓練、孤立地域からのヘリでの救出訓練など、16項目の訓練と防災関連車両などの展示を行いました。
 参加者は、近年発生した東日本大震災や熊本地震、先月道内に大きな被害をもたらした台風のような自然災害に備え、災害時の対応や関係機関との連携を確認しました。
 閉会式には、市災害対策本部長である秋元 克広(あきもと かつひろ)市長が「今回の訓練を通して、日頃から防災に関心を持ち、いざというときに対応する心構えが重要であると改めて感じました。今後も、地域・行政・関係機関が一体となって災害に対応します」と参加者に日頃の備えや地域での助け合いの大切さを語りました。

            



 

訓練の様子2

訓練の様子3

訓練の様子4

このページについてのお問い合わせ

札幌市南区市民部総務企画課

〒005-8612 札幌市南区真駒内幸町2丁目2-1

電話番号:011-582-4714

ファクス番号:011-582-0144