• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 生活情報
  • まちづくり
  • 区役所窓口案内
  • 施設案内

ホーム > まちの話題 > 石山南小で防災おとまり会~避難所生活を体験~

ここから本文です。

更新日:2016年7月27日

石山南小で防災おとまり会~避難所生活を体験~

ロープの結索

平成28年(2016年)7月26日(火曜日)

 被災者の気持ちになって考えてみよう

 7月26日(火曜日)14時30分から27日(水曜日)にかけて、石山南小学校(札幌市南区石山2条8丁目)で、石山南中央町内会(小川 洪充会長)と泉町内会(稲葉 泉会長)の共催による「防災おとまり会」が行われ、同校の児童など約30人が参加しました。
 これは、4月に発生した熊本地震によって避難所生活を強いられている被災者の気持ちを児童らに理解してもらうことや、防災意識の向上を目的に実施されたものです。
 児童らは、消防署員の指導の下、ロープの結索や毛布と2本の棒で作る応急担架での搬送、消火器の使用などを体験。この他、ダンボール製の簡易ベッドやプライバシー保護のための間仕切りの作製、学校の防災備蓄倉庫の見学などを通じて、防災に関する理解を深めていました。また、布団を使わずに寝袋やマットの上で寝るなどし、避難所生活の大変さを実感していました。
 小川会長は、「今日のように楽しみながら防災について学び、子どものうちから防災への意識を高めてくれるとよいですね。将来、いざという時に率先して行動できる大人になってくれるとうれしいです」と満足そうに話していました。

毛布と2本の棒で作った応急担架

ダンボールで作製した簡易ベッドと間仕切り

このページについてのお問い合わせ

札幌市南区市民部総務企画課

〒005-8612 札幌市南区真駒内幸町2丁目2-1

電話番号:011-582-4714

ファクス番号:011-582-0144