• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 生活情報
  • まちづくり
  • 区役所窓口案内
  • 施設案内

ホーム > まちの話題 > 北海道と滋賀の「石山商店街振興組合」連携~イベントで相互出店~

ここから本文です。

更新日:2015年11月9日

北海道と滋賀の「石山商店街振興組合」連携~イベントで相互出店~

「びわ湖の鮒寿司」と「牛すじ煮込み」

平成27年(2015年)11月7日(土曜日)

 札幌市南区・滋賀県大津市の「石山商店街」活性化を目指して

  
11月7日(土曜日)9時00分から、石山振興会館(札幌市南区石山1条3丁目1-30)で、いしやま朝市実行委員会(石山地区まちづくり協議会まちおこし部会)(代表 古内 一枝)の主催による「いしやま朝市」が開催され、「びわ湖の鮒寿司」や「牛すじ煮込み」など滋賀県の名物や特産品などの販売が行われました。
 これは、札幌市南区と滋賀県大津市にある2つの商店街が同じ名前を縁にして3月に連携協定を結び、各商店街のイベントで特産品ブースを相互に出店するなど、商店街の活性化へ向けた取り組みをスタートさせたことによるものです。今月1日(日曜日)には、大津市の石山商店街で、北海道産のジャガイモを使ったコロッケ「石コロ」や北海道の自然素材を使って作られたパン3種が販売されました。
 この日は、小雪が散らつくあいにくの天候の中、朝市が始まる9時00分を待ち切れずに、朝早くから大勢の地域住民が会場に集まっていました。鮒寿司と牛すじ煮込みの販売テントの前には、目当ての商品を買い求める地域住民の列ができ、販売開始から30分ほどで完売しました。
 鮒寿司を購入した小林 伸さんは、「滋賀と北海道の二つの石山商店街がお互いのよい所を吸収しながら、末永く交流を深めていけたらいいですね」と笑顔で話していました。
 石山商店街振興組合事務局の比内 武光さんは、「予想以上に早く完売しました。今回のような交流を、今後も続けていきたいですね。12月にはお正月向けの商品の販売なども考えています」と話していました。

 

 

販売の様子1

販売の様子2

このページについてのお問い合わせ

札幌市南区市民部総務企画課

〒005-8612 札幌市南区真駒内幸町2丁目2-1

電話番号:011-582-4714

ファクス番号:011-582-0144