• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 生活情報
  • まちづくり
  • 区役所窓口案内
  • 施設案内

ホーム > まちの話題 > みんなでみに区る健康まつり2015

ここから本文です。

更新日:2015年10月2日

みんなでみに区る健康まつり2015

肺年齢測定

平成27年(2015年)9月30日(水曜日)

 今日からこつこつ。目指せ!健やか家族!!

   

   9月30日(水曜日)10時00分から南区民センター(札幌市南区真駒内幸町2丁目)とまこまる内の札幌市立大学COCキャンパスまちの学校(旧真駒内緑小学校、札幌市南区真駒内幸町2丁目)で、札幌市南区健康まつり実行委員会の主催による「みんなでみに区る健康まつり2015」が開催されました。
 これは、健康に関する正しい情報を提供し、区民の健康意識を高めるとともに区民がより健康な生活を送れるようサポートすることを目的に実施しているものです。
 南区民センターでは、健康に関するさまざまなコーナーが設けられ、参加者は開場とともに目当てのコーナーへ向かいました。「測定コーナー」では、体の柔軟性や体脂肪率、握力などに加えて、日頃測定する機会が少ない肺年齢や骨密度をチェックできるとあって長蛇の列ができていました。参加者は測定結果に一喜一憂しながら、専門員からのアドバイスに耳を傾けていました。「はり・温灸 あんま指圧・マッサージ体験コーナー」では、はり治療の体験コーナーが設けられ、参加者たちは腕などに施術を受けながら鍼灸師に熱心に質問をしていました。
 まこまる内のまちの学校では、五輪橋産科婦人科小児科病院の丸山淳士医師による健康寿命をテーマにした健康講話が行われました。また、この日は札幌市立大学による「まちの健康応援室」がオープン。参加者は、骨密度や筋肉量、内臓脂肪などの測定を受けたほか、看護学部教員や、看護師や保健師の有資格ボランティアなどに健康や介護について相談をしていました。
 参加者の一人は、「自分では健康だと思っていましたが、測定してみると改善すべきところがあることがわかりました。今後は食事や運動に気を付けて健康を維持していきたいです」と笑顔で話していました。

※「まちの健康応援室」は10月以降、原則火~土曜日の13時00分~17時00分。不定休となる場合があるので、要確認。

  

 

はり治療体験

丸山先生の健康講話

まちの健康応援室

このページについてのお問い合わせ

札幌市南区市民部総務企画課

〒005-8612 札幌市南区真駒内幸町2丁目2-1

電話番号:011-582-4714

ファクス番号:011-582-0144