• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 生活情報
  • まちづくり
  • 区役所窓口案内
  • 施設案内

ホーム > まちの話題 > 町内会有志で結成された一座が敬老祝賀会で寸劇を披露

ここから本文です。

更新日:2015年9月8日

町内会有志で結成された一座が敬老祝賀会で寸劇を披露

寸劇の様子①

平成27年(2015年)9月6日(日曜日)

 地域の方に楽しんでもらうために 


  9月6日(日曜日)11時00分から、常盤一区会館(札幌市南区常盤6条2丁目)で「常盤地区合同敬老祝賀会」が行われ、常盤一区町内会の有志が中心となって結成された一座「柴田天功一座(柴田七重代表)」が寸劇などを披露しました。
  同一座は、「町内会のみんなに楽しんでもらえるような活動をしたい」という思いから、4年前に結成された。同町内会の新年会や敬老会などで寸劇や手品を披露しています。
 この日は、常盤一区町内会と常盤二区町内会の高齢者約70人が出席し、食事をしながら健康維持の方法や長寿の秘訣などを話し合いました。この日の同一座の演目は、「矢切の渡し」「金太郎」「浦島太郎」。手作りの衣装や小道具を身に着けた一座が舞台に現れ、軽快なトークとともに寸劇が披露されると、会場からは笑い声や歓声が上がっていました。寸劇のほかにも、「空中浮遊術」が披露され、会場は大いに盛り上がっていました。このほかにも敬老会によるコーラスやカラオケ大会が行われ、出席者たちは楽しい時間を過ごしました。
 出席者の一人は、「ここの町内会はみんな明るい人ばかりで、今日のように楽しませてもらっています。元気な高齢者の数が毎年増えていて、今後もこのような交流ができるのが楽しみです」と笑顔で話していました。
  

寸劇の様子②

祝賀会の様子

このページについてのお問い合わせ

札幌市南区市民部総務企画課

〒005-8612 札幌市南区真駒内幸町2丁目2-1

電話番号:011-582-4714

ファクス番号:011-582-0144