• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 生活情報
  • まちづくり
  • 区役所窓口案内
  • 施設案内

ホーム > まちの話題 > 常盤中学校道徳講演会

ここから本文です。

更新日:2015年9月3日

常盤中学校道徳講演会

講演会の様子1

平成27年(2015年)9月2日(水曜日)

 命の尊さを学ぶ

 
  9月2日(水曜日)14時20分から、芸術の森アートホール(札幌市南区芸術の森2丁目)で「常盤中学校道徳講演会」が行われ、同校の生徒のほか保護者や地域住民などが会場を訪れました。
 これは、「命の大切さ」や「生きることの素晴らしさ」を感じてもらうことを目的に、(公財)札幌市芸術文化財団と常盤中学校あいネットワーク・家庭教育学級(鈴木郁恵代表)、常盤中学校(札幌市南区常盤2条2丁目。若松尚代校長。生徒数259人)が共催したものです。
 この日は、「君の椅子プロジェクト」代表の磯田憲一さんが講師を務めました。同プロジェクトは、「新しい市民」となった子どもたちに「生まれてくれてありがとう」「君の居場所はここにあるからね」という思いを込めて居場所の象徴としての「椅子」を贈る取り組みで、2006年に始められました。椅子のデザインは毎年変わり、座面の裏に名前や生年月日、プロジェクトロゴや一連番号が刻印されている「世界に一つだけの椅子」。
 講演会では、同プロジェクトが始められたきっかけや、東日本大震災が発生した2011年3月11日当日、壮絶な状況の中で生まれた104人に椅子を贈ったエピソードなどが映像とともに紹介され、生徒たちは真剣なまなざしで耳を傾けていました。
 生徒を代表して、3年生の義川巧己さんは、「心の温まる素敵なお話をありがとうございました」とお礼の言葉を述べていました。

講演会の様子2

講演会の様子3

このページについてのお問い合わせ

札幌市南区市民部総務企画課

〒005-8612 札幌市南区真駒内幸町2丁目2-1

電話番号:011-582-4714

ファクス番号:011-582-0144