• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 生活情報
  • まちづくり
  • 区役所窓口案内
  • 施設案内

ホーム > まちの話題 > 災害に備えて「安心できる避難所づくり」及び各種救急法・健康生活支援フェア

ここから本文です。

更新日:2015年8月25日

災害に備えて「安心できる避難所づくり」及び各種救急法・健康生活支援フェア

AEDの操作と心肺蘇生法

平成27年(2015年)8月24日(月曜日)

 防災と健康の意識を向上


    8月24日(月曜日)10時00分から、南区民センター(札幌市南区真駒内幸町2丁目)で、真駒内地区連合会(横掘道子会長)主催による「災害に備えて『安心できる避難所づくり』及び各種救急法・健康生活支援フェア」が行われ、約350人が参加しました。
 これは、近年、台風や集中豪雨、地震等に起因する土砂災害の発生により、全国各地で甚大な被害をもたらしていることから、地域住民の防災意識向上を図るほか、自らの体の状態を確認することで、健康への意識を高めてもらうことを目的に実施されています。
 会場には、防災や健康などに関する合計7つのコーナーが設けられ、参加者は19の班に分かれて各コーナーを順番に回っていきました。
 「救急法コーナー」、「とっさの時に役立つ手当て法コーナー」では、参加者はAED(自動体外式除細動器)の操作、毛布と2本の棒で作る応急担架での搬送、けがの手当ての方法などを学びました。参加者たちは、災害時に適切に対処できるよう、真剣な表情で説明に耳を傾けていました。
 また、「健康生活支援コーナー」では、日常測定する機会が少ない骨密度や血管老化度チェックの測定結果に一喜一憂しながら、専門員に健康づくりについていろいろな質問をしていました。
 参加者の一人は、「去年、南区でも集中豪雨が発生し、災害は他人事ではないのだと感じました。いざという時には、今日学んだことを生かしたいです」と話していました。

 

 

血管老化度測定

毛布と2本の棒で作る応急担架での搬送

このページについてのお問い合わせ

札幌市南区市民部総務企画課

〒005-8612 札幌市南区真駒内幸町2丁目2-1

電話番号:011-582-4714

ファクス番号:011-582-0144