• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 生活情報
  • まちづくり
  • 区役所窓口案内
  • 施設案内

ホーム > まちの話題 > いしやまキャンドルナイト@石山緑地

ここから本文です。

更新日:2015年8月28日

いしやまキャンドルナイト@石山緑地

キャンドルの明かりに包まれる石山緑地①

平成27年(2015年)8月22日(土曜日)

 キャンドルの幻想的な明かりが石山緑地を包む


  8月22日(土曜日)17時00分から、石山緑地(札幌市南区石山78番地)で「いしやまキャンドルナイト@石山緑地」が開催され、市内各地から大勢の市民が会場を訪れました。
 これは、石山地区まちづくり協議会(福士昭夫会長)内のいしやまキャンドルプロジェクト(府川えりざ代表)が主催したもので、今年で2回目を迎えます。昨年は、夏至の日に合わせて6月に開催されたが、今年はより日没が早く、より長くキャンドルをともすことができる8月に開催されることとなりました。
 いしやまキャンドルプロジェクトは、東日本大震災の復興支援を目的に、オリジナルのキャンドルを製作・販売し、その売り上げの全額を寄付する活動を続けているボランティア団体。活動の拠点となっている石山地区の魅力を発信しながら、キャンドルの明かりのような温かみのある「まち」になるように活動をしています。
 この日は、約100人がボランティアとして参加し、キャンドルの設置や点灯などを行いました。約3,000個のキャンドルがともされると、柔らかな明かりが石山緑地を包み込み、会場を訪れた家族連れなどは、昼の姿とは異なる幻想的な光景に時を忘れたかのように見入っていました。
 また、東日本大震災復興支援イベントとして、チャリティーキャンドルの販売会場が設けられ、参加者は購入したキャンドルに願い事や誓い、メッセージなどを記入し、点灯したキャンドルを会場内に設置していました。キャンドルの売り上げは全額、被災地に寄付される予定。
 石山まちづくりセンター職員の府川要さんは「イベントに携わった人だけではなく、訪れた人にもキャンドルの点灯や後片付けを手伝ってもらい、参加型のイベントにすることができました。地域内外の交流の場として、今後も続けていきたいです」と話していました。

 

 

キャンドルの明かりに包まれる石山緑地②

キャンドルに点灯するボランティア参加者

このページについてのお問い合わせ

札幌市南区市民部総務企画課

〒005-8612 札幌市南区真駒内幸町2丁目2-1

電話番号:011-582-4714

ファクス番号:011-582-0144