• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 生活情報
  • まちづくり
  • 区役所窓口案内
  • 施設案内

ホーム > まちの話題 > 川沿少年消防クラブ訓練体験

ここから本文です。

更新日:2015年7月15日

川沿少年消防クラブ訓練体験

ロープ渡過体験の様子

平成27年(2015年)7月12日(日曜日)

 いざという時のために
 

 7月12日(日曜日)9時30分から、藻岩小学校(札幌市南区川沿7条2丁目)グラウンドで、川沿少年消防クラブ(指導部長 山崎英雄)の主催による「川沿少年消防クラブ訓練および新入団員促進活動」が行われました。
 少年消防クラブは、防火・防災に係る知識・技術を身につけ、災害時において最低限必要な生命・身体保護の方法の習得を図ることを目的に結成されています。川沿少年消防クラブでは、小学1~6年生21人と準指導者の中学生3人の合計24人が活動しています。
 この日は、夏の強い日差しが照りつける中、15人のクラブ員と同クラブ活動の体験を希望する6人の小学生が参加。そのほかにも、訓練の見学に訪れた地域住民などでにぎわいました。
 訓練では、結索訓練や放水訓練、ロープ渡過体験、屈折車のバスケットへの搭乗体験の4つのグループに分かれてそれぞれに体験していました。
 ロープ渡過体験では、南消防署の救助隊が見守る中、必死に歯を食いしばりながら水平に張られたロープを渡ろうとするクラブ員の姿が見られました。
 また、放水体験では、防火衣を着た子どもたちが、勢いよく流れ出す水の圧力に苦戦しながらも、2人がかりでホースを支える姿などが見られました。
 初めて参加した小学1年生は「ロープを渡るのは大変だったけど、楽しかった」と笑顔で話していました。

 

結索訓練の様子

放水体験の様子

このページについてのお問い合わせ

札幌市南区市民部総務企画課

〒005-8612 札幌市南区真駒内幸町2丁目2-1

電話番号:011-582-4714

ファクス番号:011-582-0144