• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 生活情報
  • まちづくり
  • 区役所窓口案内
  • 施設案内

ホーム > まちの話題 > プレーパークin石山緑地

ここから本文です。

更新日:2015年6月30日

プレーパークin石山緑地

プレーパークで遊ぶ子どもたち①

平成27年(2015年)6月27日(土曜日)

 自分の責任で自由に遊ぶ

 6月27日(土曜日)10時00分から、石山緑地(札幌市南区石山78番地)で、「プレーパークin石山緑地」が行われました。
 これは、ニコニコ会CoザルCo(コザルッコ)【中島聖子代表】が、札幌市子ども未来局のプレーパーク推進事業の支援を受けて主催したものです。
 プレーパーク(冒険遊び場)とは、既存の公園などを活用して「自分の責任で自由に遊ぶ」をモットーに、禁止事項を極力減らした子どもの遊び場のことです。札幌市では、次世代を担う子どもの自主性や創造性、協調性を育むこと、感性を磨くことを目的にプレーパークを推進しています。運営は地域住民により行われており、子どもたちが「やってみたい」と思うことをできるだけ実現できるよう、大人が子どもの目線に立って、その活動を支えています。
 この日は、約45人の親子連れが来場。子どもたちは、ままごとや滑り台、昆虫採集などをして楽しみました。段ボールやビニールひもを組み合わせて滑り台や家を作った子どもたちは、「ここをもっとテープで留めた方がいいよ」「ここにも段ボールをつなげた方がいいよ」などと言いながら、自ら考えて作業に取り組んでいました。
 中島代表は「今回の石山緑地での開催をきっかけに、たくさんの人にプレーパークを知ってもらいたいです。小学生はもちろん、赤ちゃんからお年寄りまでさまざまな人が気軽に利用してくれるようになれば嬉しいです」と話していました。
 なお、「プレーパークin石山緑地」は、7月25日(土)、8月29日(土)にも開催される予定。

 

プレーパークで遊ぶ子どもたち②

プレーパークで遊ぶ子どもたち③

このページについてのお問い合わせ

札幌市南区市民部総務企画課

〒005-8612 札幌市南区真駒内幸町2丁目2-1

電話番号:011-582-4714

ファクス番号:011-582-0144