• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 生活情報
  • まちづくり
  • 区役所窓口案内
  • 施設案内

ホーム > まちの話題 > 川沿少年消防クラブが「第11回小学生のぼうさい探検隊マップコンクール」の文部科学大臣賞受賞を市長へ報告

ここから本文です。

更新日:2015年3月31日

川沿少年消防クラブが「第11回小学生のぼうさい探検隊マップコンクール」の文部科学大臣賞受賞を市長へ報告

市長とクラブ員の懇談の様子

平成27年(2015年)3月30日(月曜日)

 みんなで一生懸命調べました!

 
3月30日(月曜日)15時00分から、札幌市役所10階市長会議室で、川沿少年消防クラブ「南区川沿大雨みまもりたい(準指導者1人、小学5~6年生10人の計11人)」の9人が参加し上田文雄札幌市長に対する「第11回小学生のぼうさい探検隊マップコンクール」における文部科学大臣賞受賞の報告会が行われました。
 小学生のぼうさい探検隊マップコンクールは、身近にひそむ危険を地図にまとめ、子どもたちに防災や防犯の意識を高めてもらおうと一般社団法人日本損害保険協会などが開催しているものです。11回目となる今回のコンクールでは、過去最多の2,267作品の応募があり、その中から入選9作品、審査員特別賞8作品、佳作100作品が選ばれ、川沿少年消防クラブは入賞作品のうち最上位となる文部科学大臣賞を受賞しました。
 南区川沿大雨みまもりたいは、昭和56年に発生した「56災害」と平成26年9月に発生した大雨の被害状況を踏まえ、10月から約1カ月間にわたって川沿地区の特性についての調査を行い、「川沿地区大雨危険マップ」を作製。山と川に囲まれている川沿地区特有の危険個所を地図に記すとともに、川沿地区が低い位置にあることを色分けした等高線図や土地断面図により表現し、今後の災害に対する注意点などを分かりやすくまとめました。
 この日は、山崎英雄指導部長からマップの概要や受賞にあたり評価された点などの報告がされた後、上田市長とクラブ員による懇談が行われました。上田市長から、クラブ員一人一人にマップの作製で工夫した点や普段どんなことをしているのかの質問がなされると、クラブ員は「色を分けることで見やすくしました」「規律訓練や消火栓除雪をしています」などと答えていました。最後に、上田市長からクラブ員に向けて「このマップをクラブの伝統の一つとして、後輩に伝えていってほしい」とエールが送られました。
 市長への報告後、同クラブ員は南区役所(札幌市南区真駒内幸町2丁目)を訪れ、大谷内則夫南区長にも受賞の報告を行いました。

市長と記念撮影

区長と記念撮影

このページについてのお問い合わせ

札幌市南区市民部総務企画課

〒005-8612 札幌市南区真駒内幸町2丁目2-1

電話番号:011-582-4714

ファクス番号:011-582-0144