• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 生活情報
  • まちづくり
  • 区役所窓口案内
  • 施設案内

ホーム > まちの話題 > 地域のもりから学ぶ森林づくり2014 定山渓もりづくり発表会

ここから本文です。

更新日:2015年2月26日

地域のもりから学ぶ森林づくり2014 定山渓もりづくり発表会

発表の様子1

平成27年(2015年)2月25日(水曜日)

 みんなで学ぶ森づくり

 2月25日(水曜日)13時50分から、定山渓中学校(札幌市南区定山渓温泉西1丁目。阿部時彦校長。生徒数18人)において、北海道森林管理局石狩地域森林ふれあい推進センターの主催による「地域のもりから学ぶ森林づくり2014 定山渓もりづくり発表会」が開催されました。
 定山渓中学校では、森林に生息する生物について理解を深め、自然環境と調和した森林を育てることを目的に、森林での自然観察や種まきなど、地域に根ざした活動を行っています。これらの取り組みは高く評価されており、今年度実施された札幌市環境局主催の「第6回さっぽろ環境賞」において、「生物多様性保全部門」の札幌市長賞を受賞しています。
 発表会では、まず、石狩地域森林ふれあい推進センターの渡辺洋之所長から、昨年の5月から9月にかけて4回実施した森林教室の内容報告が行われ、定山渓中学校の生徒と旧三笠山スキー場跡でカタクリなどの草花の調査を行ったことなどについて報告されました。
 次に、同校の生徒による発表が行われました。奥定山渓の土場跡地を元の環境に戻すため、現地の樹木の種子を採取し、学校に持ち帰って苗を育て、現地に植栽する体験学習を行っていること。また、定山渓三笠緑地の環境を守るため、植物調査を実施するとともに、保全活動のPRや清掃などの環境美化活動を地域と協同して行っていることなどについて発表しました。
 定山渓中学校2年生の伊達洸賀さんは「森林教室などの取り組みを通じて、樹木や森林の重要性が分かりました。今は、環境復元のために、植栽用の松やミズナラの苗を育てています」と話していました。

発表の様子2

さっぽろ環境賞の賞状伝達

このページについてのお問い合わせ

札幌市南区市民部総務企画課

〒005-8612 札幌市南区真駒内幸町2丁目2-1

電話番号:011-582-4714

ファクス番号:011-582-0144